経済指標のウソ―世界を動かす数字のデタラメな真実

個数:
電子版価格 ¥1,749
  • 電書あり

経済指標のウソ―世界を動かす数字のデタラメな真実

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2017年06月29日 23時18分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 400p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478028353
  • NDC分類 331.19

内容説明

ときに政治家のクビを飛ばすほど重視されるGDPや失業率などの「経済指標」はもはや実態を反映していない―。2008年の国連による国民経済計算の改定のため、これまでGDPでは「費用」とみなされてきた「研究開発費」が「投資」として計上されるようになった。その結果、アメリカのGDPは約4000億ドル、日本のGDPは約16兆円、一気に上乗せされることになった―。今や世界を動かす「経済指標」の歴史、理論、実態に迫る!

目次

はじめに 半世紀以上前の経済指標に価値はあるのか
第1章 すべての統計には意図がある―国勢調査
第2章 「失業者を数える」という無理難題―失業率
第3章 家事労働に経済的価値はないのか―GDP
第4章 「所得」で世界の序列が決まる―国民経済計算
第5章 景況感は数値化できるのか―消費者信頼感指数
第6章 「物価の測り方」が政争の火種になる―インフレ率
第7章 経済指標が無条件に崇拝される
第8章 アメリカの対中貿易赤字はもとから存在しなかった―貿易収支
第9章 「幸福」は数値化できるのか―国民総幸福量
第10章 我々は経済指標とどう付き合うべきか

著者紹介

カラベル,ザカリー[カラベル,ザカリー] [Karabell,Zachary]
アメリカの経済・投資情報会社リバー・トゥワイス・リサーチ代表。作家、投資家、コメンテーター。コロンビア大学、オックスフォード大学を経て、1996年にハーバード大学でPh.D.を取得。現代史や経済関係など11の著書がある

北川知子[キタガワトモコ]
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報



ザカリー・カラベル[ザカリー・カラベル]

北川 知子[キタガワトモコ]

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件