「理不尽な評価」に怒りを感じたら読む本

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478025284
  • NDC分類 336.43
  • Cコード C0034

出版社内容情報

サラリーマンにとって評価は人生を左右しかねない大問題。評価者である上司に生殺与奪権を握られているようなもの。しかし、人が人を評価する以上、公平で客観的な評価など存在しない。まして上司に見る目がなかったら…。そんな「理

内容説明

評価はそもそも不公平。完全な客観性や公平性など存在しない。まして上司に見る目がなかったら…。「理不尽な評価」との賢い付き合い方、不条理なサラリーマン社会を賢く生き抜くための処方箋。

目次

第1章 会社からの評価に満足してますか?
第2章 はっきり言おう、しょせん評価は“ええかげん”
第3章 “ええかげん”評価を逆手に取った「評価される」技術
第4章 評価制度の限界を知れば評価されるコツが見えてくる
第5章 評価から自由になれる本当の仕事力の伸ばし方
第6章 「理不尽な評価」と上手く付き合うために

著者等紹介

藤本篤志[フジモトアツシ]
1961年(昭和36年)大阪生まれ。大阪市立大学法学部卒。株式会社USEN取締役、株式会社スタッフサービス・ホールディングス取締役を歴任。2005年7月、株式会社グランド・デザインズを設立。代表取締役に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Humbaba

7
完全に正しい評価をするというのは、現実的には不可能である。人が相手のことを認識できる範囲には限界があり、すべての業務について精通できているわけではない。現時点で正しく評価されていないとしても、それがずっと続くというものでもない。相手が変われば評価も変わるのだから、それを信じて自分のやり方を貫くことは間違いではない。2014/11/08

復活!! あくびちゃん!

3
人事評価は「ええかげん」だけど、それに振り回されず、良い評価を得るために処世術を身につけなさいという本。だが、読んだ後の印象は、人事評価は「ええかげん」だぞ! という印象ばかり残り、肝心なところは頭から消えてしまう点が残念。もっとストレートに書けばよかったのに。。。2014/08/03

貧家ピー

2
人事評価は「ええかげん」なもので、単に振り回されるだけでなく、便利で役に立つ和みの存在「歯車」社員を目指すべきと伝える。人事評価の説明については、他の本とほとんど同じ。2014/07/29

魂@ころがして

0
評価エラーをなくすことはできないが、人事評価を担当する人は、自分を戒めるためにも本書を読むと良いでしょう。2014/09/12

おかみつる

0
いたって当然のことをかいてあるのだが  きちんと論理的に説明されたら  一時的な感情がおさまるのではないだろうか  そしてどういう戦略で対応すればよいかもわかるし  部下への評価についても考えられる余裕がでてくる  とりあえず理解するにはこういう本はあってもええかなと思う 

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8142426
  • ご注意事項