6分間文章術―想いを伝える教科書

個数:
電子版価格 ¥1,144
  • 電書あり

6分間文章術―想いを伝える教科書

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月04日 06時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 153p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478024775
  • NDC分類 816
  • Cコード C0030

内容説明

いままで見過ごしてきた文章を書く前の空白の6分間に注目!“埋める→貼る→つなぐ”の3ステップで、共感を生む文章ができる!小学校や高校の授業でも活用!次々結果が出ている文章の教科書。

目次

1 あなたの文章に革命が起こる「7つの共感スイッチ」(あなたの文章の悩みを解決する「7つの共感スイッチ」;“埋める→貼る→つなぐ”―ゲーム感覚で文章をつくる3ステップ ほか)
2 “埋める→貼る→つなぐ”だけ!あなたの文章が6分間で変わる(あなたの悩みを自動的に解決するエンパシーチャート;“埋める→貼る→つなぐ”の3ステップ ほか)
3 もしビジネス経験のない女子高生が、集客のためにエンパシーチャートを使ったら(なぜ、高校生の文化祭企画がビジネスの普遍的な原則となるのか?;女子高生が描いたエンパシーチャート ほか)
4 5つのストーリーの「型」で、あなたらしい文章に変わる(文章は“(3)それならば”→“(2)なるほど”→“(1)なんで”の順につくる
エンパシーチャートの極めてユニークなノウハウ ほか)

著者等紹介

中野巧[ナカノコウ]
1976年生まれ。エンパシーライティングを開発し、「共感」をテーマにした講座やビジネスにおけるセールスレターコンサルティング、執筆活動をしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おつまみ

50
文章には共感力が大事とのこと。文章を書く時のアドバイスをくれる本。文章も会話と同じでコミュニケーションです。2019/08/24

ミライ

30
手軽にクオリティの高い文章を構築できるフレームワーク『エンパシーライティング』について解説された一冊。共感力が望まれる、現代のSNS時代に最適な文章作成術。1枚の紙を用意して、計10箇所を埋めていく形(その後数ステップあり)のフレームワークなので非常に分かりやすい(ためしに今度試してみたいと思う)。難解ではなく、わかりやすいので、社会人以外にも小学生・女子高生もトライしているようだ。2020/10/26

ユーユーテイン

26
6分間で文章?図書館で見つけ、タイトルに惹かれて読んだ。文章を書くのは気が重い。書き始める時には全体像が見えないし、書くことは根気がいるからだ。そこで筆者が開発した「エンパシーチャート」を活用するとよい。このシートの優れている点は、ネガティブな意見にも対応する用意ができることだと思う。文章を書く前に6分間でこのシートを書くことで、共感してくれる人にも、してくれない人にも目配りがきいた構想メモが出来上がる。メモがあれば、あとは文章を書くだけ。ハードルは随分低くなるだろう。試してみたくなるアイディアだった。2014/08/01

リードフォーアクション

17
【埋める ⇒ 貼る ⇒ つなぐ】の3ステップのオリジナルの文章作成方法で、共感を生む文章を簡単に作成することができます。コミュニケーションに結果があるとしたら自分が何を言ったかではなく、相手にどう伝わったかが大事だということに気付かされた一冊です。 【この本を読んだ人】リーディング・ファシリテーター 滝川さくら2018/12/27

むーみんぐ

15
こどもたちの宿題に、活用しました。 小2の娘には、難しいかと思い、書くのはわたしが、娘にはこちらの質問に答えてもらうことで、表を完成させました。 おかげで感想文があっという間に書けました。 次は、小5の息子の感想文に使ってみたいと思います。2015/08/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6860245

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。