経済は「予想外のつながり」で動く―「ネットワーク理論」で読みとく予測不可能な世界のしくみ

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

経済は「予想外のつながり」で動く―「ネットワーク理論」で読みとく予測不可能な世界のしくみ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年08月08日 21時59分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 364p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784478021811
  • NDC分類 331
  • Cコード C0033

内容説明

時にあっけにとられるほど弱々しく崩れさり、時に信じられないくらい逞しく危機を乗り越える。予測不可能に陥った経済をもう一度理解するため、異端のエコノミストが新しいモデル「ポジティブ・リンキング」を提唱する。

目次

序章 ネットワーク理論が経済学を進化させる
第1章 100年前の経済学で21世紀の社会を理解できるのか?―経済学からネットワーク理論へ
第2章 タバコの税率を上げたら健康被害が増えた?―インセンティブから影響力へ
第3章 サイモンとケインズが突いた「合理的経済人」の矛盾―合理性から経験則へ
第4章 経済学者はなぜいまだに金融危機を防げないのか―数式から信頼へ
第5章 なぜひと握りのスターだけが「幸運」を手にするのか―需要と供給から偶然と流行へ
第6章 複雑なネットワークを読みとく3つのポイント―正規分布からべき乗則へ
第7章 「人まね」、それは不確実な世界を生きぬくための最適戦略―合理的選択から模倣へ
第8章 高失業率の町に起業家精神をもたらすことはできるのか?―格差の固定化からランダムな変化へ
第9章 ネットワーク理論で社会を豊かにすることはできるのか?―上からの政策から「人伝て」の政策へ

著者等紹介

オームロッド,ポール[オームロッド,ポール] [Ormerod,Paul]
イギリスのエコノミスト。ケンブリッジ大学とオックスフォード大学で経済学を修めた後、『エコノミスト』誌で経済予測に携わる。業績は学界から実業界にまで及び、1982年から1992年までヘンリー予測センター所長を務めたほか、ロンドン大学、マンチェスター大学で客員教授として教鞭を執っている。イギリス社会科学院のフェローであり、経済学への貢献に対し、ダラム大学から名誉科学博士号(DSC honoris causa)を授与されている

望月衛[モチズキマモル]
大和投資信託株式会社リスクマネジメント部。京都大学経済学部卒業、コロンビア大学ビジネススクール修了。CFA、CIIA。投資信託等のリスク管理やパフォーマンス評価に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ソーシャルメディア、グローバル化……変化する21世紀の世界に対して、経済学はまだ有効か? 学問の世界から実業まで飛び回るエコノミストにして「ネットワーク理論」を経済学に持ち込んだ第一人者が、「世間知らず」となった経済学を「つながり」と「模倣」で新しい次元に進化させる。経済学100年の常識を覆す1冊。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件