アップル、グーグル、マイクロソフトはなぜ、イスラエル企業を欲しがるのか?―イノベーションが次々に生まれる秘密

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

アップル、グーグル、マイクロソフトはなぜ、イスラエル企業を欲しがるのか?―イノベーションが次々に生まれる秘密

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年10月22日 16時14分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 343p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478017548
  • NDC分類 332.285
  • Cコード C0034

内容説明

ひとり当たりベンチャー投資額が米国の2.5倍、ヨーロッパの30倍。人口1844人につき創業1社という旺盛な起業意欲はどこから湧いてくるのか?人口710万人、四国ほどの面積、乾燥地帯で資源に乏しい国がシリコンバレーさながらのハイテククラスターを持つまでになった要因は?歴史や政治の文脈で論じられることの多いイスラエルを「起業国家」としてとらえ、ユニークな産業とビジネスのありようを活写したNYタイムズベストセラー。

目次

1 “なせばなる”の小さな国(粘り腰;戦場の起業家)
2 イノベーションの文化の種をまく(“情報源”を自らつくる人たち;ビジネススクールより強い絆―予備役 ほか)
3 奇跡の経済成長のはじまり(うまくいった産業政策;移民―グーグルの人々の挑戦 ほか)
4 “動機こそが武器”の国(ロケットの先端部から湯沸器まで;シャイフのジレンマ―アラブ世界の起業家精神 ほか)

著者等紹介

セノール,ダン[セノール,ダン][Senor,Dan]
外交問題評議会(CFR)中東研究グループの訪問上席研究員。イスラエルとハーバード・ビジネススクールで学び、アラブ世界をすみずみまで旅してきた。イスラエルとアメリカの多数のスタートアップ企業に投資し、現在はニューヨークを拠点とする世界的投資ファンドで仕事をしている。ウォールストリート・ジャーナル紙、ニューヨーク・タイムズ紙、ワシントン・ポスト紙、『タイム』誌などに執筆

シンゲル,シャウル[シンゲル,シャウル][Singer,Saul]
エルサレム・ポスト紙のコラムニスト、元編集者。寄稿先は『コメンタリー』誌、『モーメント』誌、『ニューリーダー』誌、『ビターレモンズ』誌(イスラエル・パレスチナの電子雑誌)、ワシントン・ポスト紙の国際ブログ「ポスト・グローバル」など。1994年にイスラエルに移住する前は、アメリカ連邦議会で下院外交問題委員会と上院銀行委員会の顧問を務めた

宮本喜一[ミヤモトヨシカズ]
奈良県生まれ。一橋大学社会学部、経済学部卒業。ソニー、マイクロソフトを経て独立。翻訳・執筆活動を始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。