つながりすぎた世界―インターネットが広げる「思考感染」にどう立ち向かうか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 270p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478015216
  • NDC分類 547.48
  • Cコード C0033

内容説明

「情報のドミノ倒し」が社会を襲う。バブル、経済破綻、個人情報流出、政治動乱…。小さなきっかけが一国を揺るがす大問題へと発展しかねない「史上もっともつながり合う世界」を私たちはどう生き抜くべきか。

目次

蒸気機関に学ぶインターネットについての教訓
過剰結合と正のフィードバック
過剰結合―私たちを育み、くじくもの
増えつづける事故と思考感染
インターネットが生んだ“内なる幽霊”
インターネットの死角
アイスランドの金融危機(1)漁業から金融へ
アイスランドの金融危機(2)ネット銀行
正のフィードバックと金融バブル
サブプライム問題―インターネットが生んだ悲劇〔ほか〕

著者等紹介

ダビドウ,ウィリアム・H.[ダビドウ,ウィリアムH.][Davidow,William H.]
投資会社モール・ダビドウ・ベンチャーズ顧問。ダートマス大学、カリフォルニア工科大学、スタンフォードで電気工学を学んだ後、インテルに入社。ヒューレット・パッカード、ゼネラル・エレクトリックを経て現職。IT業界の経営者およびベンチャーキャピタリストとして30年以上の経験を持つ

酒井泰介[サカイタイスケ]
翻訳者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。