年収300万円時代、子どもの教育費はこうしなさい!―後悔しない、教育費の貯め方と使い方

個数:
電子版価格 ¥1,296
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

年収300万円時代、子どもの教育費はこうしなさい!―後悔しない、教育費の貯め方と使い方

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年12月12日 20時49分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 214p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478013168
  • NDC分類 373.4
  • Cコード C0037

内容説明

この本を読めば、年収300万円になっても子ども2人を大学まで、無理なく行かせる、教育費の貯め方や使い方がわかります。

目次

プロローグ 教育費がライフプランを狂わせる
はじめに 教育費に不安を感じている親の皆さんへ
第1章 年収300万円になっても子ども2人を大学へ行かせるための戦略とは
第2章 子どもを大学へ行かせるには、実際いくらかかるのか―教育費「ひとり最低1000万円以上」の内訳
第3章 今どき「お受験」&「塾」の費用―無理な中学受験は家計崩壊!?受験のタイミングで変わる教育費の総額
第4章 年収300万円になっても教育費を捻出するためには
第5章 「子ども手当」を活用した安全&手堅い資金運用術
第6章 どうしても困ったときの奨学金、教育ローン活用法
第7章 親子でサバイバルするための出口戦略―「教育費」と自分の「老後資金」は同じサイフだからこそ、気をつけたいこと

著者等紹介

大竹のり子[オオタケノリコ]
(株)エフピーウーマン代表取締役。1975年生まれ。ファイナンシャルプランナー。金融学習協会理事。書籍の編集者を経て、フリーのファイナンシャルプランナーとして独立。2005年4月に(株)エフピーウーマンを設立。現在、書籍や雑誌の執筆、講演、テレビ・ラジオへの出演など多方面で活躍。メディアを通じてお金の「基本」を広く啓蒙している2児の母(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。