企業の知恵で農業革新に挑む!―農協・減反・農地法を解体して新ビジネス創造

個数:
電子版価格 ¥1,555
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

企業の知恵で農業革新に挑む!―農協・減反・農地法を解体して新ビジネス創造

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年12月17日 08時14分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 227p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478012833
  • NDC分類 611.7
  • Cコード C2034

内容説明

今のままでは、日本の農業は、雇用の受け皿にも、高収益の産業にもならない。日本の食料安全保障もおぼつかない。では、どうすればいいか。元農林キャリア官僚の著者が、農業参入企業に自らインタビュー。各社の悪戦苦闘と創意工夫の数々から、農政の問題を浮き彫りにし、農業をビジネスとして創造するための処方箋を提示する。

目次

第1章 日本の農業はなぜ儲からないのか?
第2章 農に挑む会社1 らでぃっしゅぼーや―職人技と売る仕組みの連携で農業をビジネス化
第3章 農に挑む会社2 ワタミファーム―土地の獲得と土作りに苦心、農協金融との決別で農家と組む
第4章 農に挑む会社3 セブンファーム―環境循環型モデルをビジネス化し農家の協力を引き出す
第5章 農に挑む会社4 カゴメ(加工用トマト事業)―国産トマトを守るための農業の効率化とシステム化
第6章 農に挑む会社5 カゴメ(生食用トマト事業)―技術・流通革新の一方で強いられる農政との闘い
第7章 農に挑む会社6 パルシステム―生産者と消費者を巻き込んだ社会的運動を支えるシステム
第8章 誰が農業をダメにしているのか?
第9章 農業を発展させる農政を実現するために

著者等紹介

山下一仁[ヤマシタカズヒト]
経済産業研究所上席研究員。東京財団上席研究員。キヤノングローバル戦略研究所研究主幹。1955年、岡山県生まれ。1977年東京大学法学部卒業後、農林水産省入省。1982年、ミシガン大学にて応用経済学修士、行政学修士。2005年、東京大学農学博士。農林水産省ガット室長、欧州連合日本政府代表部参事官、農林水産省地域振興課長、農村振興局整備部長、農村振興局次長などを歴任。2008年農林水産省を退職し、同年4月より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。