交渉人勝海舟―対話と圧力、駆け引きの名手

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 317p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478011966
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0034

内容説明

交渉は、男児世に処する道。けちな了見で何ができるものか―坂本龍馬と西郷隆盛が当代随一と驚愕した勝海舟の外交手腕。

目次

第1章 難局での肚の据え方
第2章 逆風を順風に変える法
第3章 “外圧”をはね返す交渉術
第4章 「正論」には落とし穴がある
第5章 交渉は“毒”がなければ成功しない
第6章 機先を制する交渉術
第7章 交渉相手との間合いをはかる
第8章 つねに最悪の事態を想定する
第9章 海舟流・処世の秘訣

著者等紹介

鈴村進[スズムラススム]
作家。1930年生まれ。名古屋大学法学部卒業。会社役員を経て、「自己を鍛え職責を果たす」をテーマに執筆、講演活動を展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

greensamsara

1
どちらかというとビジネスマンの為の本という感じでしたが、『皆敵で丁度いい』という巻頭の言葉には惹かれました。また勝さんの事が書かれた本を読んでみたいです。2013/08/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/608457

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。