民主党が約束する99の政策で日本はどう変わるか?

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 289p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478009604
  • NDC分類 315.1
  • Cコード C0030

出版社内容情報

「政権交代」が取り沙汰される次期総選挙。しかし実際にそれが起きたとき、私たちの生活がどう変わるのでしょう? 本書はそれを理解するために、民主党が公約した政策を約100のテーマに沿ってわかりやすく解説した書。あなたが政権交代を本当に望むのか否か、それを判断するための必携ツールと言えるでしょう!

内容説明

どんな政策を用意しているのか?本当に実現できるのか?財源は大丈夫なのか?そして、民主党が目指す「国のカタチ」とはどのようなものか?いま一番知っておくべきなのに、誰もが意外と知らない民主党の理念と政策を徹底解説した決定版。

目次

民主党政権下の日本のカタチ
第1部 生活編(子育て;教育;社会保障;雇用;医療・介護;食の安全)
第2部 政治編(政治制度改革;選挙制度;公務員制度改革・行政改革;財政・予算;外交・安全保障;地方分権)
第3部 経済編(税制;産業・金融政策;農業)
第4部 市民編(法務・司法;人権;メディア;環境;歴史認識・憲法)

著者等紹介

神保哲生[ジンボウテツオ]
ジャーナリスト。1961年東京生まれ。15歳で渡米。一時帰国し、国際基督教大学(ICU)教養学部社会科学科卒。コロンビア大学ジャーナリズム大学院修士課程修了。AP通信などアメリカ報道機関の記者を経て1994年独立。以来、ビデオジャーナリストとして日米を中心とする世界各国の放送局向けに映像リポートやドキュメンタリーを多数提供。2000年1月、日本初のニュース専門インターネット放送局『ビデオニュース・ドットコム』を設立し代表に就任。専門は国際政治、地球環境問題、メディア倫理。特に近年は地球温暖化、非人道的兵器、民主党の政策を精力的に取材している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ニョンブーチョッパー

1
2010/01/15

Humbaba

1
民主党の提案している内容について最大限好意的に評価している本。財源などの当時から質問されていた事柄についての説明はサラッと流して、ただ掲げていることのみを書いたもの。現在の目から見るとどれだけ変化しているのかはわかる。2010/02/22

遠山太郎

0
1)かつてあったという民主党という政党について・・。変化の期待を失わせたのは大変な損失だが、変化を期待させた社会状況は変わらないのだから振り返ることは有益だ。ただ政策を打つ時期が遅くなると、日本の人口動態はステージ的に変化するので大変よくありませんが!。 各論を下記のメモにて整理した上で考えると、全体として優先順位がまずかったと感じる。これだけ大きく制度を変えたいのであれば、すべき順序は異なったのではなかったか。例えば、①権力行使の強化 (官僚から奪い従わせるか、一部と協力するか、議会を活性化させるか) 2017/06/27

こっしゃん

0
7/18読了。民主党が政権を取るまえの2009年出版。民主党にめっちゃ期待してる本。たった5年前なのに、えらく昔に思える。うたかたの夢。2014/07/18

Kohei Fujimoto

0
約3年ぶりに読み返しました。ダウンロードしたマニュフェストと一緒に読んで自民党に入れたことを思い出しました。今読み返して「できてないぞ!」と突っ込むこと、「できてなくてよかった」と安心することがいっぱいです。できたことは99分のいくつなのだろうか? まだ民主党政権だったね。これから増えるのかな?2012/06/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/480743

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。