右脳会議―退屈な定例会議が「宝の山」に変わる!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478009482
  • NDC分類 809.6
  • Cコード C0036

内容説明

「創造」だけじゃない、「決断」も「選択」もアイデアだ。2009年カンヌ国際広告祭メディア部門グランプリ受賞のアカウントプランナーが伝授する、成果を生むチーム思考の技術。

目次

第1章 何が会議をつまらなくしているのか?(「憂鬱な会議」にはワケがある;会議を「殺す」四つの元凶 ほか)
第2章 会議のゴールは「アイデア」である(すべての会議は「アイデア創出」を目指している;タイプ別・会議のアイデア創出法 ほか)
第3章 会議を変えるアイデア発想術(ファシリテーターに求められる行動とは;会議を活性化させる「仕切りを見せない仕切り」術 ほか)
第4章 アイデア脳のつくり方(実例編―アイデアは、すぐそこにも転がっている;実践編―毎日のトレーニングでアイデア脳に!)

著者紹介

宇佐美清[ウサミキヨシ]
1950年生まれ。コピーライター、クリエイティブディレクター(エージー、博報堂、レオバーネット)を経て、1994年から戦略プランナー(JWトンプソン)になる。以来、幅広いカテゴリーでのブランディング(ブランドの確立)を手がける。代表的なものにネスレ「キットカット」の“受験キャンペーン”。トヨタ自動車、Nikonの各キャンペーンをはじめ、多くの地域ブランドや中小企業ブランドに関しても積極的にブランディングを担当している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)