決断の条件―マネジメント力を鍛える実践ケース50

個数:

決断の条件―マネジメント力を鍛える実践ケース50

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 244p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478009161
  • NDC分類 336
  • Cコード C0034

内容説明

マネジメントの理論は、実践しなければ意味がない。本書は、組織のリーダーが日常直面する典型的な50の事例を提示。「自分ならばどうするか?」を考えながら読むとき、マネジメントにかかわる知識が真の知恵に変わる。小グループでの勉強会、企業研修にも最適。

目次

第1部 パラダイムの変化
第2部 企業にとっての成果
第3部 公的サービス機関が成果とすべきもの
第4部 仕事を生産的にものにし、人に成果をあげさせる
第5部 社会的責任
第6部 マネジメントの仕事
第7部 マネジメントのスキル
第8部 イノベーションと企業家精神
第9部 組織
第10部 個に求められるもの

著者等紹介

ドラッカー,ピーター・F.[ドラッカー,ピーターF.][Drucker,Peter F.]
1909‐2005。20世紀から21世紀にかけて経済界に最も影響力のあった経営思想家。東西冷戦の終結や知識社会の到来をいち早く知らせるとともに、「分権化」「目標管理」「民営化」「ベンチマーキング」「コア・コンピタンス」など、マネジメントの主な概念と手法を生み、発展させた

マチャレロ,ジョゼフ・A.[マチャレロ,ジョゼフA.][Maciariello,Joseph A.]
クレアモント大学院大学教授。ニューヨーク大学経済学博士。ドラッカー教授の同僚であり、長年の友人

上田惇生[ウエダアツオ]
ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会初代代表(2005‐2011)、現在学術顧問(2012‐)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Susumu Tokushige

18
変化・成果・責任・管理・技術・精神・組織・要求…という企業に必要とされる50ケースを掲載。事例の後に『質問』『一つの視点』があり、ココが重要且つ困難。事例を眺めただけでは質問・疑問すら生み出せないが、質問を生み出す為の形式的5つの質問(我々のミッションは?成果は?計画は?顧客は誰?顧客にとっての価値は?)を駆使して思考を構築。個人的にケース27『それは社会的責任か、贈賄か(天下り受け入れの是非)』が興味深い。功績によって得られる報酬が『単発か永続か』の違いに見える。『知的財産権と天下り』の類似性を感じる。2020/06/01

中島直人

8
(図書館)一人で読む本ではなかった。失敗した。2018/06/18

Takuya Tanaka

3
ミッション、顧客、価値観、われわれの成果、計画とは?常に何を基準に、何を重要と考え決断するか!難しいな2014/06/13

7a

2
50の様々なケースに対しどう思うか、自分ならどう行動するかを考えるための本。マネジメントの方法なんて無限にあるから、実体験こそ重要で机上で学べることなんて僅かなんだけど、その僅かな情報の中でベストな本なのではないか、と思う。それだけに難しい。正解を定義しないのは、先に述べたとおり無限のやり方があるからだし、そもそも「何が正答なのか?」という考え方が間違っているのだろう。あらゆる意味で視野が広く大らかでなければ経営はできないんだろうな。2016/10/27

デュナミス@

0
アウトプットする力=決断力 は自分にはまだ無い。まずはインプットか。2016/11/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6064304

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。