ザ・マインドマップ ビジネス編―仕事のスキルと成果が上がる実践的活用法

個数:
  • ポイントキャンペーン

ザ・マインドマップ ビジネス編―仕事のスキルと成果が上がる実践的活用法

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文はお受けできません。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 287p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784478009031
  • NDC分類 336.04
  • Cコード C0030

内容説明

ソフトウェアiMind Mapの開発者が自ら使い方を解説。時間管理、交渉、プレゼン、戦略立案など、目的に応じた活用事例満載。

目次

第1部 マインドマップ―究極のビジネス「ソフトウェア」(マインドマップとは何か?;マインドマップの作り方 ほか)
第2部 ビジネス・スキル向上のためのマインドマップ(マインドマップ計画術;マインドマップ交渉術 ほか)
第3部 ビジネス思考力を高めるためのマインドマップ(リーダーのためのマインドマップ活用法;斬新なアイディアを生み出すためのマインドマップ ほか)
第4部 業績向上のためのマインドマップ(マインドマップで売上を伸ばす;目標設定と変化への対応)

著者等紹介

ブザン,トニー[ブザン,トニー][Buzan,Tony]
マインドマップの発明者であり、脳と学習の世界的権威。BP(ブリティッシュ・ペトロリアム)、BA(ブリティッシュ・エアウェイズ)、マイクロソフト、ウォルト・ディズニー、ボーイングなどの国際的大企業でアドバイザーを務め、世界各国の政府機関・教育機関で講演を行っている。2008年には、アメリカ創造性協会から生涯にわたる創造性開発への貢献を称える賞を授与された。著書は100冊以上、33の言語に翻訳され、150カ国以上で出版されている

グリフィス,クリス[グリフィス,クリス][Griffiths,Chris]
ブザン・オンライン(現ThinkBuzan)の共同創設者でCEOを務める。16歳で起業し25歳でその会社を売却、その後も注目を浴びる急成長企業の創設に関わってきた。2006年、トニー・ブザンとともに開発した公認マインドマップ・ソフトウェア、iMindMapを発売、本物のマインドマップの使用感を得られるとして、日本はじめ世界各地でベストセラーとなった。起業家精神、脳と学習、テクノロジーが人間の思考に及ぼす影響などをテーマに、世界中で講演を行っている

近田美季子[チカダミキコ]
株式会社ティズム代表取締役。マインドマップをはじめとするビジュアル・シンキング手法を用いた問題分析と解決志向のコンサルティング、会議のファシリテーションなどを提供。英ThinkBuzan公認シニア・インストラクターとして、トニー・ブザンの著作の翻訳・監訳・監修を担当。個人向けセミナーや法人研修も手掛けている。米コーネル大学経営大学院卒(MBA)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Koichiro Minematsu

6
MindMapを使い始めて3年。 主に読書やセミナーのメモ、ヒヤリハット分析、頭がごちゃごちゃしたときに使っていたが、使用の広がりを再確認の意味で読了。 第10章、12章は非常に参考になった。 もっと描いて、いつも描いて、思考力を高め、創造性、生産性、効率を向上させたい。 なんたって中年の頭ですから(笑)2016/01/19

冬佳彰

5
随分長いことマインドマップを使っているが、時折、癖がついていないか確認するため、新鮮なマインドマップ本を読むようにしている。この本も、その意味で読んだ。最近は会議でマインドマップを使うことに対する「なにこれ?」感がなくなってきて、スムーズに使えるようになった。国外では、義務教育の中でマインドマップを教えている国もあるらしい。今更、マインドマップとは何か?を説明する必要もないだろう。企業内のOJTなどでは、強制的な座禅やどこかに体験入隊(まだあるらしいな)させるより、このツールこそ教えて欲しいものだ。2019/07/20

モート

2
マインドマップアプリを使いこなしていないから手引きがわりに使いたい。他も大事の再確認になった。2018/04/13

yanopiss

0
マインドマップは、学生の頃に出会いその魅力に取り憑かれ試験勉強の際に使用した。結果は合格。しかし、社会人となり、マインドマップを使う事は減っていってしまった。マインドマップは自分に合っていると思う数少ないツールなので、昔を思い出しながら今度こそ、マインドマップを自分のモノにしていく。2017/04/15

山形竜也

0
【2016年167冊目読了!】2016/12/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5145713

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。