オリソン・マーデン 成功の原理原則

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 246p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478008966
  • NDC分類 159
  • Cコード C0012

内容説明

「石油王」ロックフェラー、「発明王」エジソン、「鉄鋼王」カーネギー…類まれな成功を手にした傑物たちに密着したインタビューから、“成功”のエッセンスを凝縮。自己啓発のパイオニアによる、成功哲学の真髄。

目次

第1部 成功の種はあなたのなかに眠っている(いま勝者でなくとも、勝者らしく振る舞いなさい;人類最大の敵、「疑念」を遠ざけなさい;強く願うことが、そのとおりの現実を引き寄せます;敗者の烙印を自分に押してはいけません ほか)
第2部 成功者、自らの人生をマーデンに語る(「電話の発明者」グラハム・ベル―実用的な目的へのあくなき挑戦が成功を導く;「デパート王」ジョン・ワナメーカー―創意工夫の知恵が何よりも長持ちする財産;「石油王」ジョン・ロックフェラー―やるとなったら必ず一番になる;「発明王」トーマス・エジソン―仕事の喜びは、成功にいたるまでの「過程」にある ほか)

著者等紹介

マーデン,オリソン・S.[マーデン,オリソンS.][Marden,Orison Swett]
1850‐1924。アメリカ、ニューハンプシャー生まれ。「自助の力」と「ポジティブ思考」を成功の鍵とするアメリカ成功哲学の礎を築いた。著書『前進あるのみ』は、世界で1000万部、日本でも100万部を超えるベストセラーに。1897年、ビジネスで大成功をおさめた人のインタビューを掲載する『サクセス・マガジン』を創刊

本田直之[ホンダナオユキ]
レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長兼CEO。シティバンクなどの外資系企業を経て、バックスグループの経営に参画し、常務取締役としてJASDAQへの上場に導く。現在は、日米のベンチャー企業への投資事業を行うと同時に、レバレッジマネジメントのアドバイスを行う。東京、ハワイに拠点を構え、年の半分をハワイで生活するデュアルライフを送っている。日本ファイナンシャルアカデミー、コーポレート・アドバイザーズ、米国Global Vision Technology社、アスロニア、アロハテーブル、コポンノープ、アキュム等多数の企業取締役を兼務

堀千恵子[ホリチエコ]
熊本女子大学(現・熊本県立大学)卒業。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みたらし

10
The自己啓発本。最大の足かせは「成功を疑う気持ち」。夢を思い描き、それにひたすら集中、現実のものとするために努力を払う。まず断言し、そしてすぐに行動に移す。やりかけの仕事はやりそこないである、ひとつのことをきちんとやり遂げる。健全な体に健全な精神が宿る。目標と勉強を一つに絞る。人の価値を決めるのは財産でも知識でもなく、「人のために何をしてきたか」。願望は偉業達成のほんの前触れ。その種を努力して育てれば、やがて芽を出す日が訪れる。2016/04/17

ルル

9
エジソンやロックフェラーなど成功者と呼ばれる人へのインタビューつきです(*^^*)こういった本は自分との相性があると思います^^個人的にはあの語りの天風さんがやはり第一位です(*^^*)2016/09/28

こじ

8
評価5/5 成功には法則がある。 なぜなら成功するときはとんとん拍子にうまくいくし、成功しないときはなにをやってもうまくいかない。なぜこんなことが起きるのか? それは「成功法則を実践しているかどうか」例えば、アメリカ人初のビリオネアであるロックフェラーは次の4つの要素を持っていた「粘り強さ」「勤勉」「つましさ」「先見の明」これらの要素こそが成功法則だからである。2020/07/16

ひろ☆

4
グラハム・ベル、ロックフェラー、エジソン、カーネギーといった大成功者に直接、インタビューし、まとめたもの。2013/04/17

かまど

3
目標を達成させるためのヒントを先人達のインタビューとともに紹介しています。2014/04/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5632178

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。