ヨーロッパ食堂旅行

個数:

ヨーロッパ食堂旅行

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 249p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478008638
  • NDC分類 293.09
  • Cコード C0026

内容説明

ヒットシリーズの「サービスの達人たち」「サービスの天才たち」では、現代のサービスマンたちの生き方を活写し、「エッシャーに魅せられた男たち」「ニューヨーク美術案内」では、美術の世界の面白さを語り、そして、デビュー作の「キャンティ物語」や「皿の上の人生」では、都会の飲食店を舞台に有名無名の人生模様を描き…と、一貫して都市における文化をレポートしてきたノンフィクション作家が始めて書いた旅の本。ヨーロッパのメジャーな都市をめぐる、「食と酒」「街と人物」の軽妙洒脱なルポルタージュ。

目次

第1章 都の食の物語(ローマ食堂散歩;パリのビストロを行きつけにする;ロンドンで朝食を;港町アムステルダムのブラウンカフェ;水の都ヴェネツィアの居酒屋バーカロ;ナポリの月、ポンペイのルビー)
第2章 もてなしのかたち(モスクワの薫る夏、農園のもてなし;マルコ・ポーロの海―クロアチアにて;南半球の古都メルボルンのホスピタリティ)
第3章 着想の工房をゆく―ちょっと食休み(名水の里を旅する―トスカーナ、ロンバルディア&プロヴァンス;デザイン都市ベルリン逍遙;レノマの遊び心とパリの不良たち;ロンドンとパリの靴工場に職人魂を見た)
第4章 酒の旅(大西洋の島はマデイラ酒の光に包まれる―ポルトガルにて;ブルゴーニュの100年ワイン;シャンパーニュに最高の泡を求めて;リキュール三都物語―ディジョン、グルノーブル&ミラノ;モスクワのジャパニーズ・ウィスキー)
第5章 旅の工夫(旅と写真;旅と本;旅を書く)

著者等紹介

野地秩嘉[ノジツネヨシ]
1957年東京都生まれ。早稲田大学商学部卒業。出版社勤務、美術プロデューサーなどを経て、ノンフィクション作家に。食や美術、海外文化の評論、および人物ルポルタージュなど幅広く執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

和草(にこぐさ)

7
グルメ本ではなく、食、旅、風土が盛りだくさん。旅先の方達との話しも楽しく、読了。2017/04/11

あきこ

2
旅で大事なことは食事だ。なにも有名店でなくてもいい。その土地の普通のご飯に限る。しかしそれが意外と難しい。まあ、短い旅では所詮無理なのかもしれない。一カ月とか滞在できれば挑戦してみたい。ロシアのすし屋は遠慮したいところだが。一応お店の情報も入っているが、ずいぶん前だったり、コロナの混乱で様子は変わっているだろう。早く自由に旅行できる日が来てほしい。本書を読んでヨーロッパの空気感、人々の美味しそうに食べる様子が思い出された。具体的な旅のことは書いていないけど、旅に出たくなってしまう不思議な一冊だ。2021/04/10

Humbaba

2
似たようなものは他の場所でも食べられるが、その場所でしか食べられないものは確かに存在する。また、どれほど上手に料理しようとも、人をもてなす心があるかどうかの方が重要な問題となる。相手のことを考え、笑顔で提供すれば、その料理から受け取れる印象はずっと良いものとなる。2014/05/13

☆カズザク☆

2
料理好きのため、最初はタイトルに興味を持ち読み始めた本。お店・料理・お酒の紹介と合わせて、その土地の歴史・風土・雰囲気・人間性等が面白おかしく紹介されていて、より興味を持ち読み進むことが出来た。『醸造の技術を追求するよりも、畑に出て長時間働くことがおいしいワインをつくるのです。』…いくら便利な世の中になっても、大切なことは今も昔も同じ、日々の努力と積み重ね!再認識。2013/03/02

バーベナ

2
長い旅にでて旅先から夫にこんな手紙を送ってみたい(送られる立場じゃなくて・・・)。シャンパン工場に行きたいなぁ。深い地下に歴史が詰まってるんだもの。ロシアのスシ&ウイスキー人気には驚きだ。逆にウイスキーの良さ、可能性を教えてもらったみたい。2010/06/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/137848

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。