めちゃくちゃわかるよ!金融

個数:
電子版価格 ¥1,242
  • 電書あり

めちゃくちゃわかるよ!金融

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年11月23日 20時27分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 206p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784478008454
  • NDC分類 338
  • Cコード C1033

内容説明

お金の流れがバッチリ見える!ベーシックな金融のしくみから、最新の経済ニュースの裏側まで、これ1冊ですべてOK!入門書の決定版。ついに登場。

目次

第1講 お財布の中身を見てみよう!―いちばん身近な金融の世界(一括払いとリボ払いのどっちがお得?―ポケットの中の金融システム;現金どころかカードもいらない?―電子マネーのしくみとポイントカード ほか)
第2講 金融は経済の血液である―金融システムと経済政策(お金を右から左に動かすだけ?―金融仲介機能と間接金融・直接金融;お金が勝手に増殖する?―信用創造と日銀の金融政策 ほか)
第3講 銀行の役割が変わった?―複雑化する現代の金融事情(同じ銀行でも中身が違う?―投資銀行と金融工学の発達;サブプライムローンって何なの?―証券化のしくみと消えたリスク ほか)
第4講 グローバル化するマネー経済―お金と金融の歴史(ただの紙切れがお金になったのは?―紙幣の誕生と国際金本位制の確立;為替相場から目が離せない!―固定相場制から変動相場制へ ほか)
第5講 くり返されるバブルの歴史―日本のバブルと世界経済危機(バブルっていったい何なの―バブルの意味と資産効果;日本のバブルの教訓とは?―バブル景気と失われた10年 ほか)

著者紹介

坪井賢一[ツボイケンイチ]
1954年生まれ。78年早稲田大学政治経済学部卒業後、ダイヤモンド社入社。92年「週刊ダイヤモンド」副編集長、99年同編集長などを経て取締役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)