宰相不在―崩壊する政治とメディアを読み解く

個数:
電子版価格 ¥1,242
  • 電書あり

宰相不在―崩壊する政治とメディアを読み解く

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 270p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478008195
  • NDC分類 312.1
  • Cコード C0036

内容説明

「お腹の調子が悪い」と言って政権を投げ出した安倍首相。「野党が協力してくれない」「あなたとは違うんです」と逆切れして職を辞した福田首相。そして、漢字と空気が読めず政権崩壊寸前の麻生首相―。この国の政治の混迷と、それを伝えるマスメディアの体たらくを、気鋭のジャーナリストが斬る。

目次

第1章 危機管理なき国家(“首相不在”一二日間で露呈した危機管理意識の欠如;“国防”と“政治”と“ゴルフ”の不適切な関係 ほか)
第2章 冷めた首相(永田町の欺瞞を象徴するガソリン暫定税率と道路公団民営化;イージス艦の衝突事故に見るお粗末なダメージ・コントロール ほか)
第3章 政権放棄再び(北朝鮮に足元を見られ、核開発を黙認するブッシュ政権の大愚;洞爺湖サミットで福田首相が自画自賛する「成果」の実態 ほか)
第4章 末期症状(義理人情優先の麻生新内閣に漂う「官邸崩壊」再びの予感;首相の意向を無視して解散日程を捏造したマスコミ ほか)

著者紹介

上杉隆[ウエスギタカシ]
1968年福岡県生まれ。都留文科大学卒業。富士屋ホテル勤務、NHK報道局勤務、衆議院議員・鳩山邦夫の公設秘書、ニューヨーク・タイムズ東京支局取材記者を経て、2002年よりフリーのジャーナリスト。2007年に刊行した『官邸崩壊』(新潮社)は安倍政権崩壊をいち早く予言した書として、また、08年の『ジャーナリズム崩壊』(幻冬舎)は日本マスコミの真相を描いた書として、いずれもベストセラーになった。ブログ「東京脱力新聞2.0」を運営。また、「ダイヤモンド・オンライン」にて「週刊・上杉隆」を連載中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)