やるべきことだけに集中しなさい!―夢の実現を加速する「心の回復筋」

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784478008096
  • NDC分類 159
  • Cコード C0011

内容説明

『ザ・シークレット』の引き寄せの法則の効果を得るには、「なぜ、こうなってしまったの?」ではなく、「ここから何を学べるか」と考えよう!失敗を成功への足がかりに変える9つの「心の筋肉」をきたえれば、苦労するごとに、前に進む能力が手に入る。

目次

1 理解する筋肉をきたえる―苦難の中にも必ず得るものがあると知れば、すべてを広い視野で見られるようになる
2 自分を信じる筋肉をきたえる―頭の中の否定的なおしゃべりを止めて、望むことだけに集中しよう
3 行動する筋肉をきたえる―不快な状況に甘んじるのはやめて、全エネルギーを前進のために使おう
4 とにかくわかる筋肉をきたえる―いつでも祈りと感謝で高次の力とつながっていよう
5 誠実になる筋肉をきたえる―自分の現在位置を知ることで、次に取るべき活動が見えてくる
6 イエスと言う筋肉をきたえる―思い込んでいた限界を押しのけ、全力で勝負する計画を立てよう
7 決断する筋肉をきたえる―直感の声に注意しつつ、頂上目指して必要なことをする
8 許す筋肉をきたえる―解決策を見つけ、どんなひどい状況も乗り越える力を得る
9 最高の選択をする筋肉をきたえる―隠れた欲求を突き止め、それを満たす健全な行動を選択できる
10 あなたのリズムを見つける―喜びと可能性の中で生きる人生をいつでも選択し続けよう

著者等紹介

ニコルズ,リーサ[ニコルズ,リーサ][Nichols,Lisa]
自己啓発の講師。「モティベイティング・ザ・マス(大衆にやる気を起こさせる)」の創設者であり、「モティベイティング・ザ・ティーン・スピリット(10代の若者にやる気を起こさせる)」のCEO(最高経営責任者)。また、『こころのチキンスープ』シリーズの共著者の一人でもある。その功績に対して、南アフリカのヒューマニタリアン賞、アフリカン・フォーカス・インターナショナルの善意の大使賞、ホール・ライフ・アンド・ウェルネス・インターナショナルのエモーショナル・リテラシー賞、レゴランド基金のハート・オブ・ラーニング賞など数多くの賞を贈られている

阿部尚美[アベナオミ]
三重県生まれ。南山大学文学部英語学英文学科卒業。シラキュース大学大学院修士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

LOVE弁慶

3
落ち込んだときにはちょっと客観的になりたくて読む本なんだけど、いつの間にか神の話に繋がって微妙になる。まぁココロの筋肉という考えとか素敵です。 目の前の事象に慌てず、客観的に対応するためには、大きな目標をしっかり立てておけば、心の平静が保てて良い結果がでるよということでしょうか。偶然を大げさにとらえ過ぎると「神がぁ~、神がぁ~」とかなるので注意。責任を自分でない何かに押し付けるにはいい理屈かもしれないけど。それさえもこれまでの自分の選択の結果だからなぁ。2014/01/23

きさ

2
作者の実体験から得られた心の筋肉の鍛え方についての本。この方ほど実体験が苦労させられるものが多い人っているのかなって思ってしまうほど。だからこそ心の筋肉を鍛えるという考え方に説得力がある。許す筋肉、最高な選択肢をする筋肉を主に鍛えたいと思った。2016/07/11

jocolamer

2
自己啓発本で、人生での大切な心の力を、9種類の筋肉トレーニングに例えて、著者の体験も交えて分けてわかりやすく解説してある。それぞれにエクササイズもあり、じっくり取り組みたい。2010/04/25

ananas

1
最近よくある啓発本かと思いきや、内容の実用性、客観性と著者の体験談の生々しさにかなりのギャップが。著作の意図とは別に、まだまだ日本はぬるい、アメリカは厳しいと痛感しました。2012/11/24

^o^っpe

0
経験談が壮絶だが応用は効く。同じ体験は無くても自分の経験に置き換えられ、心に届いた。理解する筋肉、自分を信じる筋肉、行動する筋肉、とにかくわかる筋肉、誠実になる筋肉、イエスという筋肉、決断する筋肉、許す筋肉、最高の選択をする筋肉、そして自分のリズムを持つ。筋肉隆々だ^o^①やりたいこと沢山想像して②心からの願いに目を向け身近な機会を探る③上位5つに全力投球、最終目標地を常に忘れず④中間目標とそこへの具体的な手順を。起きた出来事が及ぼす影響をどう処理するかにいつでも責任を持てる、未来は変えられる。2016/02/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/257930

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。