刺さる広告―費用対効果が23%アップする コミュニケーション最適化のマーケティング戦略

個数:

刺さる広告―費用対効果が23%アップする コミュニケーション最適化のマーケティング戦略

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年09月29日 15時45分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 307p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784478007181
  • NDC分類 674

内容説明

アメリカでは、毎年1120億ドル(約12兆円)もの広告費用がムダになっている!消費者の「心に刺さる」広告を実現し、費用対効果を劇的に高めるにはどうすればよいのか?世界の一流企業が実際に使った広告費用を徹底検証。そこから浮かび上がり、コカ・コーラ、P&G、マクドナルドなどが採用した究極のマーケティング戦略を公開。

目次

第1部 マーケティングはすで死んでいる―だが、再生は可能だ(消費者の心に刺さる新新しいマーケティング;広告に関する「知識基盤」の欠如を克服する;変化に抵抗する「マーケティング文化」を克服する;「マーケティング組織」の課題を克服する;マーケティングにおける「広告の価値」を再評価する)
第2部 広告を再生する―今すぐ始めるマーケティングと広告のカイゼン(COPを使ってマーケティング・キャンペーンを導く;COPの三つのステップ)
第3部 広告の費用対効果を向上させる―広告費一〇億ドル分の事例に学ぶ実践戦略(モチベーションと消費者のニーズ;モチベーション、セグメンテーション、ポジショニング;心に刺さるメッセージと広告;直感的メッセージから科学的メッセージへ;タッチポイントへのメッセージ;メディア配分の「物理的法則」;メディアの最適化でマーケティングROIを向上する)

出版社内容情報

勘や経験に頼らず、真に消費者の心を捉える広告はどうすれば実現できるのか。科学的リサーチに基づく新時代のマーケティング戦略。
経験と勘だけに頼ったマーケティングでは、コストの4割がムダになってしまう。マクドナルド、P&G、フィリップス、Johnson & Johnsonなどが実際に使った10億ドル以上の広告費を対象に独自のリサーチを実施。マーケティングと広告の投資収益率を正確に分析し、新たな戦略を示した注目の書!