消失〈第4巻〉―金融腐蝕列島 完結編

個数:

消失〈第4巻〉―金融腐蝕列島 完結編

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 395p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784478006733
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

不良債権処理をめぐって金融庁との対立を深めるJFG銀行。大型増資のもくろみが失敗に終わり、貸倒れ引当金の大幅な積み増しを強制された結果、ついに巨額赤字に転落する。トップの引責辞任、信託部門の売却で再生を探るなか、ライバル行から巨大合併案が持ち込まれた。その一方で迫る、検査忌避による刑事告発の危機。JFG銀行の生き残りを賭け、副頭取となった竹中は最後の決断を下す―。

著者等紹介

高杉良[タカスギリョウ]
作家。1939年東京生まれ。化学業界専門紙の記者、編集長を経て、1975年『虚構の城』でデビュー。以後、綿密な取材に裏打ちされたリアリティに富む経済小説を次々に発表。企業組織の不条理と戦うミドルの姿を描いたこれらの作品は、日本中のビジネスマンより絶大な支持を得ている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よしたけ

28
幻メガバンクUFJの最後を描く(本巻読むまで当該伏線に気付かず)。主人公竹中は頭取候補に躍り出るもこれを固辞し副頭取に。だがここからという時に金融庁の検査忌避を免れるべく、ホールディングス社長に上り詰めた同期杉本と差し違えて辞任。溜飲を下げたのは、最高顧問鈴木を有無を言わさず追放した場面位。私生活でフィアンセ麻紀とロンドンで結ばれるも、逮捕されたスケープゴート塚原を救うべく帰国するところで終了。小泉政権下で苦杯を舐めさせられた金融機関の立場から、行政を痛切に皮肉ったシリーズだった。続編なく非常に残念。2021/03/23

しーふぉ

11
ついにシリーズ完結です。シリーズを通して住専問題、貸し剥がし、総会屋、金融庁検査など大銀行の裏側を覗き見ることが出来た。竹中平蔵のやったことがどんな結果を招いているのか、違う本でも確認してみたくなった。2014/01/05

Keita Yamazaki

5
終わり。長いけど良い作品だった。 やっぱり本部じゃなくて現場で常にお客さんと関わる立場で過ごしたい思いを強くした。2015/04/08

e2rahmen

4
金融腐蝕列島シリーズの完結篇。この本では、あまりハッとするようなことは書かれていなかった。だが、シリーズ全体を通して、金融界にこのような歴史、文化があったことを学べるということが、このシリーズの大きな意義であると思う。2010/09/30

まゆまゆ

3
期待していたせいか、最後はちょっとがっかり…2009/01/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/505658

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。