交渉がうまくいく「問いかけ」の技術―口ベタ、弱気な人でもできる!相手から答えを引き出す8つの鉄則

電子版価格 ¥1,242
  • 電書あり

交渉がうまくいく「問いかけ」の技術―口ベタ、弱気な人でもできる!相手から答えを引き出す8つの鉄則

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 201p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478006665
  • NDC分類 336.04
  • Cコード C0034

内容説明

プロの交渉術は使わなくても、ナントカならないだろうか…これが本書の狙いです。口ベタ、気が弱く「自分にはムリ」と自分を追い込む必要はありません。まず発想を転換して、「問いかけ交渉」から始めてみましょう。それこそが、私たちの弱みを強みに変えてくれる、誰でも身につけられるやさしい交渉術。

目次

1 理論編(なぜ、「プロの交渉術」が活かせないのか?;なぜ、交渉で自滅してしまうのか?;「問いかけ交渉」ならば自滅しない)
2 実践編(「問いかけ交渉」の基本と8つの鉄則;交渉プロセスをさらにスムーズにする10のポイント)

著者紹介

小前俊哉[コマエトシヤ]
ミルラーニングメディア株式会社代表取締役。1961年兵庫県生まれ。島根大学理学部物理学科卒業。三菱電機コントロールソフトウエア株式会社にて、UNIXを核としたソフトウエア開発環境の研究開発。オムロン株式会社を経て、日本ウィルソンラーニング(株)(現ウィルソン・ラーニングワールドワイド)でコンサルタント兼インストラクター。人材開発モデルやインストラクション技術を習得。アルパイン情報システム株式会社、アルパインビジネスサービス株式会社を経て、2001年末に独立し現職に。実体験を踏まえた、キレない/キレさせない交渉術、新しい交渉コミュニケーション・スキルとマインドについての研修・講演では、多くの参加者たちから共感を得ている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)