家、三匹の子ぶたが間違っていたこと

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 213p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784478002384
  • NDC分類 527
  • Cコード C0052

内容説明

大地震のたびに繰り返される悲劇の本当の原因は何か?本書に、その答えのすべてがある。「日本の二階建て木造住宅の97%以上が構造計算されていない」という事実を知っていますか?“家”の考え方が180°変わる目からウロコの書。

目次

序章 家づくりで見落とされている、いちばん大切なこと(「三匹の子ぶた」に象徴される家づくりの誤解;大地震のたびに繰り返される悲劇の本当の原因は何か? ほか)
第1章 あなたの家は「構造計算」されていますか?(結局、耐震偽装とはいったい何だったのか?;「姉歯事件とは一切関係ありません。構造計算してませんから…」 ほか)
第2章 あなたの家の値段はいくらですか?(あなたの家はいくらですか?;耐震性だけではない日本の住宅問題 ほか)
第3章 つくる住宅から、しつらえる住まいへ(「よい家」をつくるための条件;ちょっとプレミアムな私の家と暮らしコンテスト ほか)

著者等紹介

田鎖郁男[タクサリイクオ]
1965年埼玉県生まれ。日商岩井(株)の木材本部で木材の輸入などを担当後、96年NCN設立。2006年6月に代表取締役社長に就任。木造住宅で構造計算を進める工務店のネットワークを主宰。また、アメリカのフランク・ロイド・ライト財団から正式に認可を受け、日本でライトの建築を復活する仕事にも携わっている

金谷年展[カナヤトシノブ]
1962年札幌生まれ。(株)富士総合研究所主事研究員などを経て、2002年4月より慶應義塾大学大学院政策メディア研究科助教授、07年4月より同大大学院政策メディア研究科教授。『生活者重視社会』『循環型社会』『地域資源活用型社会』へ向けた社会システム研究に従事。経済産業省、国土交通省、青森県等、行政・自治体の委員を数多く務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

greenman

3
いろいろ勉強して実家をSE構法で建てました。家を建てようとしているかたは、面倒臭がらずに見学会に行ったり、本を読むことをおすすめします。ただ満足する家を建てるためには本当に精神を消耗するため、精神に余裕がある人が家づくりの計画をしてください。ちなみに実家は、ウィトゲンシュタインが建てた家のように周囲からみごとに浮いてしまいましたorz。2011/06/20

百福

0
三匹の子ブタの童話から着想を得て、地震大国 日本において最適な住宅建材は2番目の子ブタが選んだ木材であることを紐解いていく。「地震が人を殺すのではなく、人間がつくった重くなった建築物が壊れることで人に危害が加わるのである。」住宅不足の戦後に質より量としてきた住宅政策から、構造計算をして科学的に耐震性が保証された、長く住み継ぐ家づくりへの方向転換を提起している。無意識に、大地震で家が倒壊するのはある意味仕方がないことと考えていた自分に気付いてハッとした。地震と共生できる家であるべきなのだ。2022/03/21

Hitomi Suganuma

0
題名から想像した内容と違いましたが建築業界の裏がよく分かるほんです2020/03/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/44032

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。