独占禁止法・下請法―豊富な事例で分かる違反行為の判断基準と実務上の留意点

個数:
  • ポイントキャンペーン

独占禁止法・下請法―豊富な事例で分かる違反行為の判断基準と実務上の留意点

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年03月21日 16時36分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 675p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784474065239
  • NDC分類 335.57
  • Cコード C3032

内容説明

公取委・裁判所がいかなる判断をしているかを300を超える事例から読み解く!多くの判審決事例を知ることができる独禁法・下請法に携わる実務家の必携書!

目次

第1部 独占禁止法(総則;私的独占及び不当な取引制限;事業者団体;株式の保有、役員の兼任、合併、分割、株式移転及び事業の譲受け;不公正な取引方法 ほか)
第2部 下請法(概説;第1条(目的)
第2条第1項(製造委託の定義)
第2条第2項(修理委託の定義)
第2条第3項(情報成果物作成委託の定義) ほか)

出版社内容情報

豊富な違反事例を盛り込み、独禁法・下請法における違法・適法の判断について、実務上の留意点も踏まえて顧問先企業からの相談に的確にアドバイスできるようになる、弁護士のための実務解説書!!

・『先例から現在の適用事例』まで、300件を超える独占禁止法と下請法の違反事例(判例・審決)を各条ごとに紹介

・違反事例を「事案の概要」「争点」「裁判所と公取委の判断」「実務上の留意点」の項目別に解説

・「実務上の留意点」から、法解釈では把握しにくい 違反行為の判断基準が分かる実務書