京の遺伝子・職人〈2〉―暮らしに息づく手工芸

個数:
  • ポイントキャンペーン

京の遺伝子・職人〈2〉―暮らしに息づく手工芸

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 13時55分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 207p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784473040893
  • NDC分類 521.86

内容説明

伝統と革新の間で!過去から現代、そして未来へと受け継がれる職人たちの「神の手」が建物と人を繋いでいる。

目次

京人形師―不思議ですね。子供の頃に手伝っていたことを思い出すのか、手が勝手に動いてくれます。關原紫光(關原工房)
京桶―いい材料といい道具が残っていました。先代が作っておいてくれた作品もある。山本大輔(おけ庄)
魔鏡師―これが魔鏡です。日本で作れるのはうちの工房だけです。山本晃久(御神鏡山本合金製作所)
螺鈿―京漆器などの工芸品に加飾し、より美しく着飾る技法を螺鈿と言います。野村守(嵯峩螺鈿・野村)
京唐紙―いずれの版木も江戸から明治期のもので百年から二百年前のものです。西村和紀(株式会社丸二)
御簾―伊勢神宮さんに納めたり、西本願寺さん、知恩院さんにも納めます。全部少しずつ仕様が違います。大久保武右衛門(みす武)
神具―この地で育って、この環境ですから刺激があって技も磨けます。牧信幸(牧神祭具店)
提灯―火が灯るとイメージが極端に変わりますなあ。人の心が温かくなったり、急に活力が湧いたり。高橋康二(高橋提燈株式会社)
金箔押師―金箔仕事が動き始めますと世の経済状況がよくわかります…。藤澤典史
民族人形師―人形を作るために生まれて来たので、人形作りがただただしたい。森小夜子(人形工房アイトワ)〔ほか〕

著者紹介

山本良介[ヤマモトリョウスケ]
1942年京都市生まれ。61年双星社竹腰建築事務所を経て64年丹下健三+都市建築研究所EXPO’70基幹配置設計室出向。72年岡本太郎+現代芸術研究所、79年山本良介アトリエ開設。数々の住宅設計や施設設計において次代の日本建築を捉え、「ポスト数寄屋」と名付けた設計論を進める傍ら、ライフワークとしてカメラを片手に京都の町並みを撮り続ける。第18回吉田五十八賞特別賞、2012日本建築学会作品選奨受賞

角間三由樹[カドマミユキ]
1984年京都市生まれ。2007年より2015年まで関西を拠点にした営業写真館に勤務し主にブライダルフォトを担当する。出産を機に退社後、現在はフォトスタジオsoramarkに勤務しながら、ベビー・キッズフォトを中心にフリーカメラマンとしても活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)