淡交新書<br> 外国人は日本文化の「何」を知りたがっているのか―そのエッセンスは茶道の中に

個数:
電子版価格 ¥1,036
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

淡交新書
外国人は日本文化の「何」を知りたがっているのか―そのエッセンスは茶道の中に

  • 山崎 武也【著】
  • 価格 ¥1,296(本体¥1,200)
  • 淡交社(2016/03発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 24pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月09日 20時38分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B40判/ページ数 205p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784473040855
  • NDC分類 791

内容説明

異文化人への茶道普及に長年携わってきた著者書き下ろしのエッセイ48編。

目次

外国人は茶道の精神文化面に「関心」を抱いて、そこを学び経験したいと思っている(外国人の反応をつぶさに観察し理解するのが出発点;教えようとする気配を抑え相手の言や態度に「耳を傾ける」姿勢を貫く;茶道は日本人が世界に誇る文化遺産だが、自慢したら価値が減少する ほか)
謙虚な気持ちを失わないで、どんな人どんな物に対しても敬意を表する(封建社会の中でも平等を重んじてきた茶道の民主主義的なルール;茶席内での会話が少なければ少ないほど心を通わす場の実現が可能になる;欲を抑えながらも気品を保ち続けて「和の精神」をすべての面で貫く ほか)
百聞よりも一見を、さらには五感を駆使して茶の世界に入ってもらう(説明をするにはプレゼンテーションの要諦について勉強したうえで;百聞よりも一見を、さらには五感を駆使して茶の世界に入ってもらう;物見遊山的な興味で見学に来る人に対しても冷静かつ真摯に応じる ほか)

著者紹介

山崎武也[ヤマサキタケヤ]
広島生まれ。1959年、東京大学法学部卒業。ビジネスコンサルタント。国際関連業務に携わる一方、著作にも取り組み、同時に茶道などの文化面での活動も続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

茶道に通じ、海外体験も豊富な著者が、外国人と触れあう機会のあるすべての日本人に捧げる「異文化コミュニケーション」の指南書。

〈わたしたちの文化の核心、その言い方で本当に伝わりますか?〉
〈日本文化の真髄・茶道の何たるかを外国人に伝える機会があるすべての人へ〉

豊富な海外ビジネス経験を持ち、裏千家茶英会の指導責任者を長年務める著者を招き、外国人(=異文化の人)に、茶道とそれにまつわる日本文化をより的確に伝えるには、どのような心がまえ・方法が必要・有効かをわかりやすく説く書です。単に英語の言い回しを教える「教科書」ではなく、著者の実体験に基づく「血の通った」一話読み切りのエッセイで、外国人とのコミュニケートの際に私たちがとるべき姿勢を、根本から問い直します。なお、一部の重要な英語例文や単語などは別枠に取り出し、わかりやすく掲載しています。

【著者紹介】
ビジネスコンサルタント