猿の眼―僕ノ愛スル器タチ

個数:
  • ポイントキャンペーン

猿の眼―僕ノ愛スル器タチ

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2016年12月09日 07時25分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 141p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784473040589
  • NDC分類 756.8

目次

半泥子の茶碗
骨董愛玩
わが愛しの酒器
合縁奇縁
ぶち割れ徳利
古美術商の眼力
縄魂弥才
造形の力
健康の秘訣
敢えての果てに見えるもの
京で猿を買ふ
茶碗は傾城に似たり
酒にはご要心
煩悩即菩提
ぶつぶつ世迷言
魅惑の都
茶人の刀
痒いところに手が届く
燿州釜の輝き
仏教雑感
名前の継承
雌伏の時
風を感じる
物が語るものがたり
終わりのはじまり

著者紹介

市川猿之助[イチカワエンノスケ]
東京生まれ。父は四代目市川段四郎、伯父には三代目市川猿之助。九代目市川中車は従兄弟にあたる。慶應義塾大学文学部国文科卒業。1980年7月歌舞伎座『義経千本桜』の安徳帝役で初御目見得。1983年7月歌舞伎座『御目見得太功記』で、二代目市川亀治郎を名乗り初舞台。2008年度芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。2012年「二代目猿翁 四代目猿之助 九代目中車 襲名披露公演」において、四代目市川猿之助を襲名(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

歌舞伎俳優・四代目市川猿之助が綴る骨董エッセイ集。初公開を含む約40種の骨董コレクションを一挙公開!

〈歌舞伎俳優・四代目市川猿之助が綴る骨董エッセイ集〉
〈初公開を含む約40種の骨董コレクションを一挙公開!〉

歌舞伎俳優・四代目市川猿之助の骨董コレクションを、自身のエッセイとともにまとめた一冊。はじめて買った川喜田半泥子の茶碗やぶち割ってしまった魯山人の徳利、巡業先で求めた唐津茶碗など、思い入れのある品々を写真家・?忠之氏が新規撮影。
楽屋で自ら茶筅を振るい、茶を喫する姿も収録。舞台上とは違った四代目市川猿之助の一面を、読者のみなさまにご紹介します。

【著者紹介】
歌舞伎俳優