京都・宗祖の旅<br> 道元―曹洞宗

個数:

京都・宗祖の旅
道元―曹洞宗

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B40判/ページ数 198p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784473039828
  • NDC分類 188.52

内容説明

末法の時代の京の都に宋から伝わった道元の禅。「只管打坐」ただひたすらに坐る。生い立ち、修行、布教、思想をわかりやすく描く。

目次

1 道元の生涯と教え(道元の出生;無常に思いをひそめ;末法思想と最後の審判;出家への道 ほか)
2 京都・道元の旅(木幡山荘跡と誕生寺;比叡山横川;建仁寺;安養院跡と欣浄寺 ほか)

著者紹介

百瀬明治[モモセメイジ]
昭和16年(1941)、長野県松本市に生まれる。京都大学文学部史学科卒業。現在、著述業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「京都・宗祖の旅」シリーズ第六巻。作家・百瀬明治ならではの道元の人物像で、その生涯に迫ります。

〈曹洞宗の宗祖・承陽大師道元の生涯とその教え、道元有縁の寺院を紹介します〉
〈著者ならではの道元像で、改めてその生涯と教えを考察〉

日本仏教の祖師7人の生涯と教え、さらに京都を中心とした祖師所縁の寺院を紹介する「京都・宗祖の旅」シリーズ覆刻の第6巻。
曹洞宗を開いた道元(1200 ?53)は、京都で生まれました。比叡山で得度した道元は、24歳で宋に渡り、天童山で如浄禅師と運命の出会いを果たします。28歳で帰朝し、『普勧坐禅儀』を著し、革新的な禅を日本にもたらしました。深草に閑居するもその教えを慕う人は多く、越前に永平寺を開山したことはあまりにも有名です。最期に道元は、故郷の京都に戻って、永眠しました。道元の波瀾に満ちた生涯に百瀬明治が独自の解釈で迫ります。