乳房の文化論

個数:
  • ポイントキャンペーン

乳房の文化論

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 326p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784473039804
  • NDC分類 367.2

内容説明

おっぱい、お乳、バスト、胸、時と場合によってまことに変幻自在、さまざまの呼び名で親しまれている乳房はまったくもって「不思議のかたまり」。そして、その不思議の分だけ乳房の研究、乳房の学問は奥が深い。20年以上にも及ぶ広範な研究のなかから精選された乳房論の数々。

目次

乳房の社会学
感じる乳房―誰のものか?
中国乳房文化論ノート
チチとホト―乳房の日本文化史
古墳文化と乳房
古代インド美術の乳房表現
乳房に恵まれる―ヨーロッパにおける授乳するマリア像
美術のなかの裸体美―西洋から日本へ
少年マンガにおける美少女の身体
容姿の進化論―綺麗な動物として人間を見る
揺れ動くおっぱい―ファッションと女性性への視線
「女子」的乳房―メディアと下着と身体と
乳房学の深化のために―総説にかえて

出版社内容情報

乳房文化研究会で発表された論考から、人文科学の分野における12の秀作をまとめた論文集。あらゆるアプローチから乳房に迫ります。

〈かくも饒舌なる、おっぱい〉
〈不思議のかたまり「乳房」とは何かに迫る〉

20年以上の歴史をもつ乳房文化研究会で発表された研究の中で、特に人文科学の面における優れた論考をまとめた一冊。論客は上野千鶴子氏(「感じる乳房─誰のものか?」)、鎌田東二氏(「チチとホト─乳房の日本文化史」)、深井晃子氏(「揺れ動くおっぱい」)、高階絵里加氏(「美術の中の裸体美─西洋から日本へ」)、表智之氏(「少年マンガにおける美少女の身体」)ら、各分野を代表する12名の研究者。ヒトを育み、惹きつけ、時に惑わせてきた「乳房」に、あらゆる角度から迫ります。

【著者紹介】
女性の「からだ」と「こころ」を取り巻く諸問題を中心に独自の研究活動を展開していた「からだ文化研究会」(1991年設立)と「乳房科学研究会」(1993年設立)が統合し、1996年に発足。医学、生物学、文化人類学、心理学、被服造形学、芸術などさまざまな分野で活躍する専門家が集まって情報交換を行い、より広く深く活発な議論を展開している。