無法庵 花往来―野の花でおもてなし

個数:

無法庵 花往来―野の花でおもてなし

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年03月29日 07時19分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 209p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784473039002
  • NDC分類 791.6

内容説明

茶の湯を愛し、花を慈しむ。奈良春日野の古美術店主が、心のおもむくままに綴った茶花と昔語りの十二か月。奈良にゆかりの古器や茶の湯の佳品に花を活ける「野の花のおもてなし」、数寄者・学者との親交を書留帖から回想する「無法庵昔語り」をあわせて収載。

目次

野の花のおもてなし―春待ち、春来る
春を愛づ―一服のおもてなし
野の花のおもてなし―初夏のいろどり
無法庵昔語り 友明堂書留帖より―新春から初夏へ
野の花のおもてなし―夏を入れ、秋を盛る
無法庵昔語り 友明堂書留帖より―夏から秋、冬へ
野の花のおもてなし―行く秋、往く年

著者紹介

田中昭光[タナカアキミツ]
古美術「友明堂」主人。昭和11年、奈良市生まれ。22歳頃から古美術の店を始め、奈良茶湯に関心を寄せ、奈良にゆかりの道具を精力的に集めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

奈良の古美術店主人が、さまざまな古器に入れて楽しみ愛でる、野の花の愛らしい姿を十二か月にわたって紹介します。

奈良で古美術店を営み、毎日、野に咲く季節の花を古器に入れて客人を迎える、無法庵こと田中昭光氏。若い頃から松永耳庵、河瀬無窮亭、田山方南らの数寄者、学者と交わるなかで独自の美意識を築き上げ、古都・奈良にゆかりの美術品・茶道具を用いて大らかに茶の湯も楽しんでいます。その田中氏が、平成24年の淡交テキスト「茶花」で担当した「野の花を求めて」を単行本化。野山に自ら出向いて採り集めた草花を、自然の恵みに感謝しつつ、慈しみをこめて野にある姿のままで器に入れ、季節を楽しむ。そうした素朴で彩り豊かな十二か月にわたる茶花の数々と、早春の茶の湯の取り合わせや、また多くの数寄者と交流した良き時代を偲ぶ「無法庵昔語り」を併せ収録します。

【著者紹介】
古美術「友明堂」店主