美の奇神たち―梅原猛対話集

個数:
  • ポイントキャンペーン

美の奇神たち―梅原猛対話集

  • 梅原 猛【著】
  • 価格 ¥1,944(本体¥1,800)
  • 淡交社(2013/04発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 36pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月05日 21時54分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 229p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784473038654
  • NDC分類 914.6

内容説明

小説家、漫画家、美術史家、画家、陶芸家、写真家、―そして娘、息子、生前の父と。終わりなき高みへ挑む人々との9つの対話。

目次

好奇心のあるかぎり(瀬戸内寂聴)
“妖怪”大放談(水木しげる)
奇人の芸術家について(辻惟雄)
描くよろこび(石本正)
様々な世界をとおして(樂吉左衞門)
写真芸術の新しい可能性(井上隆雄)
親子のカタチ(梅原ひまり)
人類哲学のこれから(梅原賢一郎)
新しい文明の中で自動車の意味するもの(梅原半二)

著者紹介

梅原猛[ウメハラタケシ]
1925年(大正14)、仙台市生まれ。京都大学文学部哲学科卒業。立命館大学教授、京都市立芸術大学学長、国際日本文化研究センター初代所長などを経て、現在同センター顧問。東日本大震災復興構想会議では特別顧問を務めた。文化勲章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

知の巨人による、瀬戸内寂聴、水木しげる、辻惟雄、石本正、樂吉左衞門、井上隆雄など各分野の美の追求者たちとの対話集。

〈小説家、漫画家、画家、陶芸家、写真家たち??との待望の対話〉
〈終りなき美への9つの対話〉

知の巨人として自らの日本学の完成にむけ今なお果敢に挑戦しつづける哲学者・梅原猛氏は、一方で破天荒な中にも深い叡智に満ちた座談の名手としても知られます。時に戦争体験や家族を、時に妖怪や芸術を語りつつ、瀬戸内寂聴氏、水木しげる氏らとの人間性あふれる対話の中から、現代人へかけがえのないメッセージを発信する待望の対話集。父・半二、娘・ひまり、息子・賢一郎など、各分野で活躍する家族との対話も読みどころです。

【著者紹介】
哲学者