新島八重―ハンサムな女傑の生涯

個数:

新島八重―ハンサムな女傑の生涯

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年06月25日 21時58分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ A5判/ページ数 127p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784473038395
  • NDC分類 289.1

内容説明

その個性から、「幕末のジャンヌ・ダルク」「ハンサムウーマン」「悪妻」など、さまざまに語られる新島八重。夫・新島襄をして、「ハンサム」と言わしめた自立した一個の個性の生涯を、7つのテーマで追う。

目次

1章 八重という個性
2章 襄と八重―百花の魁
3章 会津、武家に生まれて
4章 八重と教育
5章 凛として生きる―クリスチャンの八重
6章 新島八重と看護のこころ―同志社の看護から日赤の篤志看護婦へ
7章 新島八重の茶の湯

出版社内容情報

夫・襄をして「ハンサム」と言わしめた新島八重。「女丈夫」とも「悪妻」とも称されるその個性あふれる生涯を七つのテーマでたどる。

同志社大学創立者の夫・新島襄をして「ハンサム」と言わしめた八重ですが、「女丈夫」「悪妻」というキーワードが先行してしまい、正統な評価が定まっていないのではないでしょうか。いつまでも会津の魂を忘れない保守性と、真っ先に洋服に身をまとい、洗礼を受ける進取性。その狭間にある八重の実像に迫るため、「個性」「夫婦生活」「会津での日々」「教育」「キリスト教信仰」「看護精神」「茶の湯」という七つのテーマで、その生涯に迫ります。