淡交テキスト<br> 茶花〈4〉―季節の花を入れる

個数:

淡交テキスト
茶花〈4〉―季節の花を入れる

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 48p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784473037749
  • NDC分類 791.6

目次

茶花の心得帖 四月の花あれこれ
季節の花を入れる(白花延齢草 黒文字;雪餅草 雲龍柳;雪餅草 花蘇芳;さかさ富士 花筏 ほか)
茶会記に見る花、花入―遠州の花
野の花を求めて(衣通姫 紺蝋梅;白雲木 羊歯の新芽;白山吹 木通の花;華鬘草 ほか)
無法庵 昔語り
花紀行―サクラソウ科の花
寄稿・花に寄せて(埼玉県) 桜の季節に師を思う

出版社内容情報

茶席の花から、若い方もより楽しみが広がるよう、茶花のアレンジも提案します。

茶道を学ぶ方々の多くは、「花(茶花)」「花を入れる」ことは常に興味、勉強の対象になっています。花を入れていく時のポイントや花と花入とのバランスなど、一年を通じてヒントとなる内容にしてゆきたいと考えています。また、古今の会記から茶人たちが茶事、茶会でどのような花、花入を好んできたのか探っていく項目や、カメラマン自ら山野を歩き、花本来の姿を紹介するなど、様々な視点から花を学びます。