正倉院あぜくら通信―宝物と向き合う日々

個数:
電子版価格 ¥1,436
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

正倉院あぜくら通信―宝物と向き合う日々

  • 杉本 一樹【著】
  • 価格 ¥2,052(本体¥1,900)
  • 淡交社(2011/09発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 38pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月09日 16時53分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 223p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784473037602
  • NDC分類 702.13

内容説明

1200年の時を超えて伝えられた約9000点の宝物、宝物を守りつづけた裏方たちのしごと…、宮内庁正倉院事務所長が語る「正倉院」の日常。

目次

正倉院って何だろう―まずは現地にご案内
宝物との出会い方、接し方―正倉院宝物の全容は?
正倉院西からの眺め
聖武天皇と光明皇后―ベッドと薬が語るのは…
宝物の重みについて
染織品の居場所について―二つの倉の生い立ち
御開封を迎えて―今年もまた秋がやってくる
古都は秋の彩り―正倉院展始まる
宝庫が迎えた人々―正倉院のゲストブック
正倉院文書について―奈良時代のしごと、私のしごと
宝物の修理・復元・模造―箜篌・鏡・獅子面ほか
お水取りの季節に―ガラス玉や仏具あれこれ
大物開眼会と正倉院宝物
正倉院の書をめぐって
正倉院の日常―庁舎いまむかし

著者紹介

杉本一樹[スギモトカズキ]
1957年、東京都生まれ。東京大学大学院博士課程中退。博士(文学)。現在、宮内庁正倉院事務所長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

正倉院が日常であること三十年。正倉院事務所長が語る、宝物とそれを守り伝えた人と場所をめぐる物語。

正倉院といえば聖武天皇の宝物──、日本人なら誰もが知っている「有名な正倉院」。それに対して、そこで働く人びと、彼らがどんな仕事をしているのか、どんな場所で働いているのか、などはほとんど知られていません。本書は、正倉院事務所の職員・所長として、長年宝物に接してきた著者が語る、正倉院という場所と、千二百年の歴史を支えた裏方たちの物語です。裏方の中には、後白河法皇、信長、家康、明治天皇など、錚々たるメンバーも登場します。

【著者紹介】
正倉院事務所長