• ポイントキャンペーン

日本のかなしい歌100選

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784473037275
  • NDC分類 911.104

内容説明

とてもかなしくて、とてもつらくて、どうしようもないとき日本人はそのおもいを歌にたくしてきました。千数百年の歴史のなかから選りすぐった100首の歌たち、どの歌からも万感のおもいがつたわってきます。

目次

かなわぬ恋(笠女郎(思ふにし死にするものにあらませば;相思はぬひとを思ふは大寺の)
樋口一葉―よそながらかげだに見むと幾度か ほか)
わかれの歌(防人の歌(わが妻はいたく恋ひらしのむ水に;唐衣すそに取りつき泣く子らを;父母も花にもがもや草枕) ほか)
世は無常(遊びをせむとや生れけむ;我等は何して老いぬらむ;人買ひ舟は沖を漕ぐ ほか)

著者紹介

林和清[ハヤシカズキヨ]
1962年京都生まれ。23歳で塚本邦雄に師事。短歌誌「玲瓏」に入会。現在、「玲瓏」選者。現代歌人集会理事、現代歌人協会会員。第1歌集『ゆるがるれ』で現代歌人集会賞受賞。各地のカルチャー教室で『源氏物語』『百人一首』などの講師をつとめるほか、NHKなどのテレビ・ラジオ出演も多い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)