それぞれの東京―昭和の町に生きた作家たち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 237p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784473036797
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0095

内容説明

作家の足あとをたずねて「ノスタルジー都市」東京を歩く。昭和の町の記憶をたどる23篇。

目次

下町の暮し、山の手の暮し(芝本好子―『隅田川暮色』の浅草と隅田川;池波正太郎―町っ子の幸福な子供時代;植草甚一―日本橋生まれの趣味の人 ほか)
郊外にある安息(石井桃子―荻窪、女性が自立するとき;鈴木信太郎―都会(八王子)から郊外(荻窪)へ
山口瞳―『居酒屋兆治』の国立 ほか)
銀座も悪所も(田村隆一―大塚の三業地に生まれて;水上勉―早稲田、柏木、神田、上京青年の東京放浪記;野口冨士男―玉の井に鳩の街、悪所もまた東京 ほか)

著者紹介

川本三郎[カワモトサブロウ]
評論家。1944年、東京生まれ。東京大学法学部卒業。朝日新聞社を経てフリーの評論家に。1991年、『大正幻影』でサントリー学芸賞。97年、『荷風と東京『断腸亭日乗』私註』で読売文学賞。2003年、『林芙美子の昭和』で毎日出版文化賞と桑原武夫学芸賞をそれぞれ受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)