読んで愉しむ能の世界

個数:

読んで愉しむ能の世界

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 286p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784473035707
  • NDC分類 773

内容説明

能舞台を彩り、さまざまな情景へといざなう小道具・作り物から能曲をひもといた小随筆・三十篇もあわせて収録。

目次

花と余情(祝祷の舞―高砂;空への憧れ―羽衣;落花哀惜―熊野;人間憂いの花盛り―隅田川 ほか)
作り物随想(絵馬の掛かる宮―絵馬;短冊付の藁屋―関寺小町;藁屋―大原御幸;萩屋と糸車―安達原 ほか)

著者紹介

馬場あき子[ババアキコ]
1928年生まれ。昭和女子大学国文科卒業。歌人。歌誌「かりん」主宰。『太鼓の空間』などの歌集、随筆・評論も多く『馬場あき子全集』としてまとめられている。近著では、第一七回紫式部文学賞を受賞した『歌説話の世界』などがある。古典の中でもとりわけ能への造詣が深く、能を喜多実に師事。能の古典研究、評論面でも活躍し、『鬼の研究』『源氏物語と能』『黒川能の里―庄内にいだかれて』など多数の著書のほか、新作能「晶子みだれ髪」「額田王」「小野浮舟」を発表している。迢空賞、読売文学賞、毎日芸術賞、朝日賞など受賞。94年に紫綬褒章受章。02年に日本芸術院賞受賞。現在、朝日歌壇選者、新潟日報読者文芸選者、芸術院会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)