姫君たちの京都案内―『源氏物語』と恋の舞台

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 127p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784473035219
  • NDC分類 913.36
  • Cコード C0026

内容説明

日陰の身に泣かされたり、物の怪にとりつかれたり、入水したり…彼女たちの人生はつらいことばかり。それもこれもあの男のせい…。浮気な男にふりまわされた八人の姫君たち。千年ぶりに恋の舞台を訪ねる。浮気な男・光源氏も言い訳しながらご案内。

目次

藤壺の京都案内
紫の上の京都案内
六条御息所の京都案内
浮舟の京都案内
夕顔の京都案内
玉鬘の京都案内
明石の京都案内
空蝉の京都案内
光源氏の京都案内
光源氏さん、あなたのモデルは誰ですか?
紫式部とたずねる京都『源氏物語』ツアー

著者紹介

蔵田敏明[クラタトシアキ]
1954年、広島県福山市生まれ。京都市立高等学校教諭を経て、名古屋外国語大学教授。映画への造詣が深く、自ら劇団「創作工房」を主宰。また映画雑誌「浪漫工房」の編集に携わるなど多彩な活動を続けている

薄雲鈴代[ウスグモスズヨ]
京都府生まれ。立命館大学在学中より「文珍のアクセス塾」(毎日放送)をはじめメディアに出演し、取材レポートの方法を現場で学ぶ。卒業後は京都予備校講師を経て、京都外国語専門学校で京都学を担当。また映画雑誌「浪漫工房」のメーンライターとして三船敏郎、勝新太郎、津川雅彦などに直接取材し、その生の声を執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)