• ポイントキャンペーン

森山大道論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 201,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784473035165
  • NDC分類 740.21

内容説明

写真家としてデビューした1960年代にはじまり、写真への問いをラディカルに突き詰めた70年代、スランプからの再起を果たした80年代、そして躍進を続ける90年代から最新作ハワイまで、「写真とは何か」を問い続けた森山大道の、およそ半世紀にわたる活動の足跡を、エッセイと写真でたどるアンソロジー。

目次

都市の神話(多木浩二)
森山大道へのオマージュ(カール・ハイド)
作品(作家セレクション1)
「律」の匂い(大竹伸朗)
森山大道というジャーナリズム(金平茂紀)
静かに瞬きする光のほとりで(平野啓一郎)
森山大道の核なるもの―二〇〇八年森山大道展に寄せて(岡部友子)
作品(東京都写真美術館収蔵作品「北海道」シリーズより)
廃墟のまなざし(鈴木一誌)
失恋的瞬間―森山大道のブエノスアイレス(笠原美智子)
(渚ようこ)花園神社のヒコーキ

出版社内容情報

東京都写真美術館で開催される写真家・森山大道の回顧展を記念して刊行するアンソロジー。各分野の執筆者の論文と未発表写真とで構成。