茶道具が語る年中行事―取り合わせの知恵十二ヶ月

個数:

茶道具が語る年中行事―取り合わせの知恵十二ヶ月

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年03月29日 05時01分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 157p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784473035134
  • NDC分類 791.7

内容説明

二月は節分、五月は葵祭、そして七月は祇園祭…京都の歳時のしつらえを、毎月の道具組の良き参考に。京の街でおこなわれる毎月の年中行事をテーマに、茶室の取り合わせを紹介、それぞれの行事にゆかりの深い能楽が、茶席を囃し立てます。

目次

一月(睦月)初夢のしつらえ
二月(如月)節分のしつらえ
三月(弥生)雛のしつらえ
四月(卯月)桜のしつらえ
五月(皐月)葵祭のしつらえ
六月(水無月)「水」のしつらえ
七月(文月)祇園祭のしつらえ
八月(葉月)盂蘭盆会のしつらえ
九月(長月)観月のしつらえ
十月(神無月)能楽仕立てのしつらえ
十一月(霜月)紅葉のしつらえ
十二月(師走)歳暮のしつらえ

著者紹介

目片宗弘[メカタソウコウ]
1943年、京都府生まれ。立命館大学法学部卒業。父・目片宗允に茶道を学び、能楽・歌舞伎に造詣が深い。七楽会会員。青山グリーンアカデミーなどで茶の湯に関する講座を担当するとともに、「淡交」「なごみ」など諸誌にも文章を掲載(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)