立礼と野点のくふう十二ケ月

個数:

立礼と野点のくふう十二ケ月

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 110p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784473034359
  • NDC分類 791.7

内容説明

さまざまなバリエーションのもとに、立礼だからこそできる工夫の数々、また屋外でもてなす野点のアイデアも随所で紹介。十二ヶ月にわたって、立礼や野点を日常に取り込み、茶のもてなしをより楽しく実践しましょう。

目次

1月 初釜を立礼式で
2月 玄関先を立礼席に
3月 事務所の一隅でもできる立礼
4 桜にちなむ席を外に
4月 桜並木の下で立礼
5月 リビングを立礼席に
5月 青楓の庭で薄茶と点心
6月 ホテルの小ホールで立礼
7月 夏の夕、八畳間を立礼席に
8月 客畳を腰掛式に工夫
立礼で月見の茶
紅葉にちなむ道具で野点
紅葉に囲まれて一服
炉開きのころの立礼
歳暮の仕事帰りに立礼で

著者紹介

秋山宗和[アキヤマソウワ]
1945年、東京生まれ。東京工業大学電子工学科卒業。1976年、裏千家学園茶道専門学校・十二期卒業。裏千家正教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)