麻生圭子の京・花ごよみ

個数:

麻生圭子の京・花ごよみ

  • 提携先に2冊在庫がございます(2017年11月22日 08時54分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 125p/高さ 17X20cm
  • 商品コード 9784473034205
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

月を花で数えながらの、三十六ヶ月分の連載をまとめた随筆集。

目次

はる(梅に雪、唇に春;神さまの橋に、神さまの水、光琳梅 ほか)
なつ(座辺に飾るなら、野の花を;五月のカエデ、実相院の床みどり ほか)
あき(一日花の木槿に、大文字の送り火;花ひとつの空調、桔梗は心の秋の花 ほか)
ふゆ(悟りの窓、紅葉に嵯峨菊;柿からこぼれおちた二、三の話 ほか)

著者紹介

麻生圭子[アソウケイコ]
作詞家を経て現在はエッセイスト。1996年東京から京都へ。1999年、昭和初期の町家を修復、昔暮らしをはじめる。2005年、茶室のある築80年の日本家屋に転居

三好貴子[ミヨシタカコ]
サザビーで「アフタヌーンティー」などの商品企画を手がけ、現在はイラストレーターとして書籍・雑誌などで活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)