よくわかる茶道の歴史

個数:

よくわかる茶道の歴史

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 255p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784473033994
  • NDC分類 791.2

内容説明

日本の歴史の中で占めた茶道の役割とは…。文化の成熟と政治のかけひき、そして道具を介しての、人と人とのかかわりの中で育まれた茶道の文化。歴史の表舞台のそばには茶の湯があった。

目次

第1章(中国の茶書と喫茶の始まり;遣唐使と日本の喫茶 ほか)
第2章(珠光とわび茶の萌芽;十四屋宗伍と武野紹鴎 ほか)
第3章(利休七哲・古田織部の茶;江戸初期の京都商人の茶 ほか)
第4章(尭山と不昧による大名茶道の到達;豪商たちに見る茶の湯の展開 ほか)

著者紹介

谷端昭夫[タニハタアキオ]
1948年、京都に生まれる。1978年、大谷大学大学院博士課程修了。文学博士。今日庵文庫研究員、茶道資料館課長を経て裏千家学園講師。茶の湯文化学会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)