笑わせて笑わせて桂枝雀

個数:

笑わせて笑わせて桂枝雀

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年02月23日 00時07分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 230p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784473019899
  • NDC分類 779.13
  • Cコード C0074

内容説明

幼少期、素人時代のエピソードから「緊張の緩和」の枝雀落語理論まで。ひたすら笑わせることだけにいのちを燃やし尽くした噺家・桂枝雀の生涯。

目次

桂枝雀の人生(筆者のなが~いマクラから;今度はホントのマクラから;じっとしてられんタチでして;けったいな先生がおりました ほか)
桂枝雀の人生―番外篇(父として、夫としての枝雀;枝雀寄席から;小米落語と枝雀落語 落語作家、小佐田定雄さんに聞く;僕らはえにしで結ばれた「八雀士」 ほか)

著者等紹介

上田文世[ウエダブンセイ]
1942年和歌山市に生まれる。65年4月朝日新聞社入社。鹿児島支局、福岡総局、大阪社会部などを経て、93年から学芸部で「お笑い」担当の編集委員として、落語・漫才・浪曲・講談などを取材する。2002年8月、定年で退職
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

detu

48
枝雀さんの落語は音声だけでも面白いが高座を所狭しと大きな身ぶり手振りで動き回り、顔、体中で表現する仕草を観たい。落語に対して真剣勝負やったんですね、師匠は。鬱を患うまで苦しみ抜いて悲しい結末。唯々悔やまれます。落語以外にも趣味なるものを持とうとするも長続きせず。他の事も一切ダメ、自宅にかかってきた鳴り止まないベルに『はい、留守です』ガチャン。笑ってしまう。有名なマクラ「お金と言うものは沢山有るところに自然と集まって来るそうです。さすれば、お金を貯める為には、まずお金を貯めなければならないのでござります」2016/07/14

だっくん

3
大好きな落語家。生の舞台を一度見てみたかった。枝雀の温かみというか心がほっこりする落語の背景にあるものに興味がわいて読んだが、彼の本質はまじめで穏やかな人だったんだろうなと思う。突き進んだところが自死だったのは悲しいけれど笑いとはそれほど深いものなんだろう。2011/06/11

satoshi

3
「枝雀落語大全」もだいぶ見たので,文字で書かれていてもたぶんこんな表情でこんな口調で言ったんだろうなあとか想像できる。枝雀さんの落語には,現在世にあるお笑いのあらゆる要素があると思う。この人が自ら命を絶ったということの痛みが最近ようやく少し分かるようになってきた。最終的には自分が舞台で20分30分とただニコーっと笑って,お客さんもニコーっと笑って,それだけで終わる,そんな風になりたいと言っていて,枝雀さんならほんとにいずれそれができたんじゃないかと思う。すてきな写真満載の,愛にあふれた一冊。2010/08/25

kera1019

2
「枝雀さんの人生」を読んでると切なさで胸が詰まる… ふと枝雀さんの落語が聴きたくなって「宿替え」を聴いてると思わず笑ってしまう。面白さが切なさを上回ってる事に安心する。ただ、この本を読んでひとつ思ったのは軽々しく天才なんて言うたらあかんなぁってシミジミ。2013/07/11

hisakodosu

2
生の枝雀さんの落語を聞いたことのあるものとして残念でならない。枝雀さん関連の本を読んで思い出そう。2012/07/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15578
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。