公立大学の過去・現在そして未来―持続可能な将来への展望

個数:

公立大学の過去・現在そして未来―持続可能な将来への展望

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2021年12月09日 17時24分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 192p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784472406034
  • NDC分類 377.21
  • Cコード C0037

出版社内容情報

国立大学と私立大学のはざまで公立大学はその存在もふくめて微妙な位置に立たされていた。地方都市に公立大学を作るのが抑制された時期もあり、存在価値を失っていったのだが1990年代以降次々と新設の地方公立大学が開校していった。一体なぜ?そして人口が減少する将来、公立大学はどう生き延びていけばいいのか明らかにする。

目次

第1章 公立大学とは
第2章 公立大学の歴史
第3章 データが示す公立大学の実像
第4章 公立大学の学生像
第5章 国策に翻弄された公立大学
第6章 公立大学と地方自治体の確執
終章 公立大学の行く末

著者等紹介

田村秀[タムラシゲル]
1962年10月2日生まれ、北海道・苫小牧市出身。東京大学工学部都市工学科卒業後旧自治省(現在の総務省)に入り、その後、岐阜県、国土庁、香川県、三重県で勤務したのち、2001年から新潟大学で教鞭を執り、2005年国際基督教大学博士(学術)、2013年に新潟大学法学部長。2018年より長野県立大学教授。専門は行政学、地方自治、公共政策(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。