トークトゥトーク 育つ喜び育てる楽しさ

個数:
  • ポイントキャンペーン

トークトゥトーク 育つ喜び育てる楽しさ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年03月21日 21時33分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 190p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784472403606
  • NDC分類 379.9
  • Cコード C0037

内容説明

共感する心を育てる。幼児教育の水先案内人と童具デザイナーで、新しい創造教育の提唱者が今の時代の子育てについて語り合う。自分が育てられてきた過去を思い起こしながらいま、

目次

「のびのび子育てこんなお母さんなら大丈夫!」(わが子を愛するとは?;体罰ママの苦しみ;母親のやさしい暴力の怖さ ほか)
「遊びの創造教育法」(おもちゃとの出合い;自発的に取り組む;絵の理解は難しい ほか)
対談 いまの子どもは変わったのか?―「遊びと創造力」(幼児期の体験;子ども時代を振り返って;親と子の関係。昔といま ほか)

著者等紹介

汐見稔幸[シオミトシユキ]
東京大学名誉教授、白梅学園大学学長。1947年大阪生まれ。東京大学教育学部卒、同大学院博士課程修了。専門は教育学、教育人間学。教育人間学の応用として育児・保育を研究。子ども三人の育児に実際に関わってきた体験から、父親の育児参加も呼びかけている。また女性・男性の生き方とその関係のあり方、家庭問題などについても関心を広げている

和久洋三[ワクヨウゾウ]
童具デザイナー、わくわく創造アトリエ代表。1942年東京生まれ。東京芸術大学美術学部工芸科デザイン専攻卒業。同大学大学院修了。保育園の保育者体験、玉川学園女子短期大学講師等を経て、創造性を開発する童具づくりに専念する。1989年「童具館」を設立し、新しい創造教育活動を展開する。2001年全国に「わくわく創造アトリエ」を開校。かたわら、幼児教育についての講演・講座活動、美術大学や幼児教育者養成校での指導にあたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

子育てはどうすればよいか。新しい創造共育を提唱する童具デザイナー・和久洋三さんと、幼児教育の水先案内人・汐見稔幸さんが語る。