世界のむかしのおはなし<br> カエルのくににつたわるおはなし ポチャッポチョッイソップ

個数:

世界のむかしのおはなし
カエルのくににつたわるおはなし ポチャッポチョッイソップ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月01日 22時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 32p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784472060120
  • NDC分類 E
  • Cコード C8798

出版社内容情報

平和な日常に飽き足りないカエルたちは「つよい おうさまを ください」と天の神に祈ります。そこで与えられたのは急ごしらえの丸太。うんともすんともしない丸太では王様にはならないと考えて、もう一度、神様にお願いします。二度目に現れたのは…。イソップ再話で描く、現代に響く、与えられ管理された「自由」へのアンチテーゼ。

内容説明

「どうかわれわれにほんとうにつよいおうさまをください」このねがいがかなったときカエルのくにはいったいどうかわるのか?いまの時代の「自由」をイソップは2000年も前にしっかり語っていたのだ。これからどう生きていけるかカエルたちといっしょに本気でかんがえよう。

著者等紹介

ビナード,アーサー[ビナード,アーサー] [Binard,Arthur]
1967年、米国ミシガン州生まれ。詩人、翻訳家として幅広く活躍。『釣り上げては』(思潮社)で中原中也賞、『日本語ぽこりぽこり』(小学館)で講談社エッセイ賞、『ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸』(集英社)で日本絵本賞、『左右の安全』(集英社)で山本健吉文学賞、『さがしています』(童心社)で講談社出版文化賞絵本賞。ほかにも日本絵本賞を受賞した『ドームがたり』(玉川大学出版部)がある

スズキコージ[スズキコージ]
1948年、静岡県生まれ。絵本、舞台芸術、壁画、テキスタイル、ライブペインティングなど多方面に才能を発揮する画家。『エンソくん きしゃにのる』(福音館書店)で小学館絵画賞、『ガラスめだまときんのつののヤギ』(福音館書店)と『やまのディスコ』(架空社)で絵本にっぽん賞、『おばけドライブ』(ビリケン出版)で講談社出版文化賞絵本賞、『ブラッキンダー』(イースト・プレス)で日本絵本賞大賞、『旅ねずみ』(金の星社)で赤い鳥さし絵賞を受賞。2018年IBBYオナーリスト・イラストレーション作品に選出され、第6回JBBY賞(イラストレーション作品の部門)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

annzuhime

39
島外の図書館から取り寄せ。カエルが出るイソップ童話の再話。カエル好きの次女と楽しみながら読めると思ったけど、なんか違った…。あまりにも極端に厳しい。まぁ、イソップ童話も冷酷な話が多いから仕方ないのかもしれないけど。でも大好きなカエルたちが食べられてしまい、次女は悲しそうに本を閉じました。2022/04/08

ヒラP@ehon.gohon

27
イソップ物語ですが、どこかの国を揶揄したような社会性を感じました。 アーサー・ビナードさん独特の社会批判を感じました。 「平和ぼけ」に飽きてきたカエルたちが、強い支配者を望んだのは何故でしょう。 平和が安定すること、平和を保証してくれるリーダーを望んだとしたら大きな思い違いです。 自分たちにとって都合のいい支配者なんて、何もしない丸太のような存在かもしれません。 行動力のあるリーダーにビクビクして生きていくなんて、すでに平和からは離れてしまいました。 スズキコージさんとのコラボは、とってもパンクです。2022/08/04

ヒラP@ehon.gohon

18
大人のための絵本2022/08/03

おはなし会 芽ぶっく 

18
世界のむかしのおはなしシリーズ。イソップ童話をアーサービナードさんが再話。スズキコージさんの迫力ある絵に、テキストにはない「へいわボケはんたい!」が言いたくなります。平和が一番、無くなった時に気づくものですよね。2022/04/17

anne@灯れ松明の火

17
遠い方の新着棚で。アーサー・ビナードさんによるイソップの再話。平和に暮らしていたカエルたち。ところが、強いリーダーを求めたことで、世界は一変してしまう……。あとがきの「自由が失われるカラクリをあぶり出したい」という言葉が印象に残った。絵は、迫力満点のスズキコージさん。2022/05/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19148867
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。