世界のむかしのおはなし<br> ねずみのよめいり―インドにつたわるおはなし

個数:

世界のむかしのおはなし
ねずみのよめいり―インドにつたわるおはなし

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年03月01日 23時16分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5変判/ページ数 32p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784472060076
  • NDC分類 E
  • Cコード C8798

内容説明

むすめがとしごろになり、せんにんはおもいました。このよでいちばんりっぱなあいてをさがしてやりたい。はたしてこのよでいちばんえらいのはだれなのでしょう?世界最古といわれるインドの昔話を生命力にみちた豊かな色彩で描いた絵本。

著者等紹介

田中尚人[タナカナオト]
1962年生まれ。絵本編集のかたわら、父親と子どもを絵本で結ぶ時間作りを提唱し、「パパ’S絵本プロジェクト」のメンバーとしても絵本ライブを全国で開催している

アンヴィル奈宝子[アンヴィルナホコ]
1967年生まれ。東京造形大学家具コース卒業。卒業後オーダーメイドの金属工房に入る。1996年より絵本の仕事を始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヒラP@ehon.gohon

24
どこか日本の昔話「ねずみのよめいり」に似ていると思ったら、その昔話の原典だということで?大陸からの伝承に感慨を深くしました。 でも、このお話の重要ポイントは。おじいさんがタカから救ったねずみを、娘の姿に変えて育てたということでしょう。 育ての親が娘の婿選びに旅をするというくだりは、しかも人間としてではなくねずみとしての娘という不思議さに、かなり異質なものを感じました。2021/07/08

ごへいもち

15
へーそういうお話だったのね、そしてインド発祥なんだね2021/07/19

おはなし会 芽ぶっく 

12
日本の昔ばなしと思っていたら、世界最古といわれるインドの昔ばなしだそうです(パンチャタントラ)。仙人のサランヤーカが鷹からネズミを助けると、娘に姿を変えたので育てる。年頃になりふさわしい婿を探すのに…。と後半は日本の話とおなじですが、導入が違っていました。2022/01/31

ヒラP@ehon.gohon

12
事業所で読み聞かせしました。2021/06/23

あおい

10
仙人がタカにつかまったねずみを助け人間の姿にかえて自分の娘のように育てる。そして年頃になった娘の婿を探すが…日本の昔話でもよく知られている「ねずみのよめいり」原典がインドだったとはビックリ。2022/01/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17687397
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。