福田恆存対談・座談集〈第2巻〉現代的状況と知識人

個数:
  • ポイントキャンペーン

福田恆存対談・座談集〈第2巻〉現代的状況と知識人

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月04日 17時49分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 420p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784472016226
  • NDC分類 914.6

内容説明

現代の文学と読者を作家はどう考えるか・明治九十年世界文学に何を求めるか・日本の民主主義をめぐって文学と人生・反近代について・文武両道と死の哲学。

目次

新しい文化・古い文化(吉田秀和)
現代の文学と読者を作家はどう考えるか(武田泰淳;野間宏)
荷風文学を裁断する(中村光夫;三島由紀夫)
明治九十年(亀井勝一郎;和歌森太郎)
世界文学に何を求めるか(加藤周一;埴谷雄高)
日本の民主主義をめぐって(加藤周一)
われわれも国語審議会を憂う(山田俊雄)
松ヶ岡清談(鈴木大拙;古田紹欽)
文学と人生(小林秀雄;中村光夫)
大岡文学の周辺(大岡昇平)
危険な思想家(桶谷繁雄;藤田一暁)
国語審議会を叱る(吉田富三)
現代的状況と知識人の責任(竹内好)
鴎外と藤村のことなど(エドワード・G・サイデンステッカー)
反近代について(香山健一)
名人芸への郷愁(江藤淳;河上徹太郎;斎藤隆介;杉村恒)
文武両道と死の哲学(三島由紀夫)

著者紹介

福田恆存[フクダツネアリ]
大正元(1912)年、東京生れ。東京帝国大学英文科卒。評論・劇作・翻訳など多岐に亙る仕事の他、現代演劇協會を設立し劇団「雲」を主宰、演出家としても活躍した。国語問題や進歩的文化人批判においては保守派の中核として活動。昭和31(1956)年、「ハムレット」の翻訳・演出で芸術選奨文部大臣賞、昭和28年、戯曲「龍を撫でた男」で第4回、昭和36年「私の国語教室」等の評論で第12回、昭和43年にはシェイクスピア全集の翻訳で第19回と、三度読売文学賞を受ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

竹内好を相手に「知識人」についてそれぞれの立場から議論する「現代的状況と知識人の責任」のほか、「文武両道と死の哲学」(三島由紀夫)など全17編を収録。福田恆存がおもに昭和30年代に語る「対談・座談集」第二巻。