山村地域開発論

  • ポイントキャンペーン

山村地域開発論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 253p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784470560301
  • NDC分類 318.6

内容説明

本書は、今日的な山村の状況をふまえつつ、21世紀の山村を国民経済、国土構造の中にいかに位置づけるのか、その視点を模索したものである。

目次

第1章 山村研究の今日的視点
第2章 ダム・水力発電所の立地と山村
第3章 水没村落の移転形態と村落構造―奈良県十津川村迫と福井県今庄町広野二ツ屋の場合
第4章 ダムの立地展開と水源地の対応
第5章 過疎化の進展と「むらおこし」
第6章 過疎山村の「むらおこし」と地域社会―京都府美山町農協と芦生なめこ生産組合の共存・共栄
第7章 群馬県西毛山村における林野利用
第8章 日本林業の現局面と地域林業振興
第9章 山村の現局面と公益機能評価論
第10章 均衡ある国土開発のために