教育としての健康診断

個数:

教育としての健康診断

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月20日 19時16分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 157p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784469265200
  • NDC分類 374.93
  • Cコード C3037

内容説明

本書は、1990年代の自覚的で追究的な健康診断実践の積極面を整理し、そうした実践の先進的な部分を具体的な実践像として描き出すとともに、学校健康診断をめぐる議論や政策・歴史を整理しながら、健康診断のあり方について今日的な意味を含めながらまとめたものである。

目次

1 学校健康診断の意義と役割
2 学校健康診断の教育的役割(子どもや保護者を巻き込んだ健康診断づくり;子ども・担任・学校医・保護者と共に創る健康診断;一人ひとりの疑問や不安に答える「健康評価」を組み込んだ健康診断;生徒の実態に合わせて実施し、トータルにケアする健康診断をめざして;生徒が生きていくために得となる健康診断への模索;五つの実践が示唆するもの)
3 見えてきた「子どものための健康診断」の実践像
4 戦後学校健康診断の歩みとその性格
5 これからの学校健康診断